大発動艇

Cached: 2022-01-25 07:26:07 Last-modified: 2022-01-25 (火) 01:31:02
No.068
大発動艇上陸用舟艇
装備ステータス
火力雷装
爆装対空
対潜索敵
命中回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発解禁日:2021年12月10日、改修可
遠征報酬+5%(無改修で+20%まで累積あり)*1
一部艦船のみ装備可能(詳細はゲームにおいて参照)
神州丸/あきつ丸鬼怒改二阿武隈改二
大潮改二荒潮改二霰改二の初期装備
2014年1~3,6月作戦報酬
その他の入手方法はこちらを参照
改修更新
大発動艇(二番艦があきつ丸、皐月改二、阿武隈改二)
大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)特二式内火艇
(二番艦が鬼怒改二、龍田改二)
特大発動艇
(二番艦が神州丸)
武装大発
大発動艇、略して「大発」。
輸送船からの揚陸作業や上陸船に用いた、現代でいうところの「上陸用舟艇」です。
海上のトラックの様な「大発」は、大型輸送船や強襲揚陸艦等で運用可能です。


ゲームにおいて

特定の艦が搭載できる特殊装備。
搭載可能艦は下記の艦(一部の艦娘は、輸送護衛部隊での編成制限あり)。

輸送護衛部隊での
編成制限
艦種搭載可能な艦娘名
編成不可戦艦長門改二



第一艦隊・
第二艦隊可
航空巡洋艦最上改二特
軽巡洋艦
兵装実験軽巡
軽(航空)巡洋艦
龍田改二球磨改二丁多摩改二由良改二鬼怒改二阿武隈改二
夕張改二特
Gotland andra
駆逐艦睦月型睦月改二如月改二皐月改二文月改二三日月改
特 型天霧改二丁Верный
初春型初霜改二有明改
白露型村雨改二海風改二山風改二丁江風改二
朝潮型朝潮改二丁大潮改二満潮改二荒潮改二霰改二霞改二/
夕雲型巻雲改二
第一艦隊のみ軽空母(護衛空母)Gambier Bay Mk.II雲鷹改/改二
水上機母艦神威改千歳千代田瑞穂日進秋津洲改Commandant Teste改
揚陸艦神州丸あきつ丸
補給艦神威改母速吸改宗谷宗谷(灯台補給船)宗谷(南極観測船)*2
  • 水上機母艦でも秋津洲Commandant Testeは改にならないと装備できない。
  • 夕張改二特は第5スロットには大発を含む上陸用船艇を装備出来ない。

効果

大発動艇には大きく分けて5つの効果がある。

遠征の報酬基本資材が+5%される

  • 基本的に効果は20%(1艦隊につき大発動艇4つ分)まで累積可。通常の成功時だと、最大1.2倍の資源を得られる計算になる。
    • 遠征大成功時は大成功のボーナスが加算された量(通常時の1.5倍の量)に対して、最大で20%割増しされる。つまり、ノーマル成功時と比較して1.8倍となる。
    • 実際の獲得資源値は小数点切り捨て。
  • 1つでは高々5%ではあるが、累積させ20%を3部隊ともなると効率がまるで変わってくる。遠征大成功や各種クルージング以外で資源増加速度を加速させる重要な装備である。
  • 基本的に重複が4つまでなので、本装備が12あれば全ての遠征でフル使用できることになる。
    • 第一目標としては、大発要員1隻につき搭載できる上限数の3つまでを揃えたい。以降は余力があれば増やしていこう。ちなみにこれ以上のボーナスは特大発動艇、更には改修(しかも平均値で計算される)が必要になってくる。
    • 殆どの搭載可能艦の最大スロット数は3であるため、4つ累積させた運用は大発要員を2隻編成する必要がある。
  • 2015年以降、それまで水母とあきつ丸の特権であった大発搭載能力が、軽巡や駆逐艦の改二にも次々と付与されている。
    燃費が良く、どの遠征にも無理なく組み込める艦種が増えてきた事で運用の幅が大きく広がっている。
  • 2016/3/19オンメンテナンスで改修可能になった。
    • 他の大発系と同様、無改修だといくつ積んでも大発系全体の獲得資源量限界値(+20%)までしか累積できないが、
      改修によって超過できる(別枠で獲得量上昇がある)ことが確認されている。
      現在の検証詳細は改修工廠を参照。

イベントでの輸送揚陸作戦における輸送ゲージへの大きな減少効果

  • 2015年秋イベント『突入!海上輸送作戦』から登場した輸送揚陸作戦では、ドラム缶(輸送用)と本装備が輸送の対象となっている。
    • 輸送量はドラム缶の約1.5倍、運用はドラム缶と同じでほぼ上位互換。輸送特化の大発3積みの他に、大発2甲標的(水母・阿武隈改二・由良改二・球磨改二丁)、艦戦2大発(あきつ丸)、大発3甲標的(夕張改二特)といった派生形もある。
    • その後実装された大発系も輸送の対象だが、本装備が最大効果。また、イベント毎に計算式が異なる場合がある点に注意。
      実際の輸送量は各イベントの攻略ページを参照のこと。

陸上型深海棲艦へのダメージ特効付与

大発系を搭載すると陸上型深海棲艦(対地攻撃参照)への与ダメージが増加する。この効果は改修によっても強化されることが確認されている。
現在の検証詳細は対地攻撃を参照。本装備の対地特効補正については下の折り畳みを参照。

  • 海上機動部隊*3でも送り込んでいるのだろうか。大発持ちが攻撃した後に砲撃が撃ち込まれたりもするのだが…。
  • 2016/3/11アップデートで実装された新海域6-4ボスに対し、本装備を搭載した艦による攻撃にダメージ特効が付与されると見られ、その後2016年春イベント『開設!基地航空隊』で検証された。
    さらに第二期より北方棲姫港湾棲姫への特効が確認された。
  • より対地攻撃に特化した「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」や「特二式内火艇」への更新が可能。島嶼上陸作戦用に特化している為か、遠征ボーナスは本装備に比べ減少する。
    これらは一部の陸上型深海棲艦に対し専用の戦闘エフェクトがある。
    • 特二式内火艇は2016/4/22アップデートで実装された任務で1つだけ入手可能。
    • 大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)は2016/5/3に開始した2016年春イベント『開設!基地航空隊E-1の甲作戦突破報酬だった。

    対地特効補正について

    対地特効補正について

    乗算補正aキャップ後補正補足
    ソフト
    スキン
    砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
    追加
    無改修
    (★0)
    1積み
    ×1.4×1.8×1.8×1.7×1.7上陸用舟艇カテゴリの装備を本装備のみ積んだ場合の倍率。
    他の上陸用舟艇を同時に搭載した場合の計算式はこちらを参照。
    ★max
    1積み
    ×1.68×2.16×2.16×2.04×2.04

    集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
    補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

    • 本装備の対地特効補正は弱く、これ単独で使用することは難しい。
      陸上型を相手取る場合、大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)やさらに先の特二式内火艇への更新を推奨。
      • 本装備は個別倍率が1.0倍固定のため、陸戦隊等の他の上陸用舟艇と同時に搭載すると死に装備となるので混載は避けること。
        • 本装備の2回更新先である特二式内火艇は別カテゴリ装備のため、この問題は発生しない。
    • 一応★maxでそれなりの攻撃力は持つので、対地要員の数より陸戦隊等が少ない場合、遠征班から借りてきて間に合わせるといったことは可能。
    • ちなみに改修で主砲のように基礎火力値も上昇している(改修強化値(砲撃))。

各マップの資源獲得マスで獲得できる資源量増加

  • 「大発系」を装備していると各海域資源マスで獲得資源量が増える。1-6の終点マスは増えない。
  • ちなみに鬼怒改二実装時の補足として説明されたが第1期の1-6実装当時から増加効果があった、が1-6実装当時の説明にはなかった。
  • 具体的な増加量は、大発系1台につき(+3)、ドラム缶は(+2)。ボーキサイトは増加量が半減する。
    • 「大発系」とは言っても「特大発動艇+戦車第11連隊」「M4A1 DD」は装備しても獲得量が増えないようだ。
      特大発や八九式中戦車&陸戦隊はキチンと増える。
    • 遠征と違い装備によって増加量にバラつきはない。
      全艦に大発系を3つずつ装備させると、3 * 6 * 3 = 54 となり、警備任務なみの収穫ができる。
    • これを使うことで第1艦隊でも資源回収ができる。
      代表例は 1-3 三重県クルージング(通称 三重(みえ)クル)。
      ADBEを回って1戦目で撤退することで、燃料を稼ぐ。
      敵艦も弱いので赤疲労かつ大発ガン積みの駆逐でも倒せてリスクも低い。

一部マップルート固定

  • ドラム缶同様に装備した人数でルート制御がされる場合がある。
  • 5-35-45-5での固定が確認されている。

入手方法

実装初期こそあきつ丸大型艦建造、もしくはイベント時のドロップで量産する必要があったが、
現在は開発や神州丸/あきつ丸阿武隈改二大潮改二鬼怒改二荒潮改二霰改二の初期装備や任務報酬で入手できる。

  • あきつ丸は大型艦建造とイベントドロップで狙える。
    ただし、当初は掘った方が大型建造よりもやや有利という意見もみられたが、近年の傾向では滅多にドロップが設定されない。
    任務などで入手手段の幅が増えているためその兼ね合いか。もしドロップするならば他のレアドロップ艦と同時に掘る選択肢も考えられる。
    • 地道に資源を貯める根気があれば、大型艦建造は最も手間のかからない容易な入手手段。
      資源の自然増加を利用しながらの建造であれば、建造コストはさほど問題にならない。
      イベント前などに自然増加上限以上の備蓄を行う際は、本装備の数が多いほど時間効率が良くなるので、大型艦建造を回せる時に回すというものである。
      本装備を資源回復速度を上げるための道具と捉えれば、無理に元を取る必要はない。
    • 大発は増えないがレベルを25まで上げ、副産物でカ号観測機三式指揮連絡機(対潜)も量産可能。
      (あきつ丸での開発も可能だが)対潜支援に有用。
  • 阿武隈改二・大潮改二・鬼怒改二・荒潮改二・霰改二はいずれも改装に設計図が必要となる。
    • 阿武隈改二、鬼怒改二は要求レベルが75という高さだが、どちらも特殊能力があり同艦種内でも替えの利かない存在なので、量産する選択肢もある。
      • 阿武隈改二は搭載可能で、複数居るとイベント時の札対策に、鬼怒改二は単体で大発1個分の遠征報酬増加能力を持つ唯一の存在で、日々の東京急行系遠征に、それぞれ重宝するだろう。
    • 霰改二は要求レベル63、大潮改二は65、荒潮改二は67と改二勢では低めだが、設計図を使ってまで量産するなら本体の使い道も考えたい。阿武隈改二・鬼怒改二のような特殊能力は持たされていないが、大発動艇関連搭載可能駆逐艦の中では高火力・生存性も高めなので、イベント時には輸送部隊、対地要員として活躍できる。
  • 神州丸は、現状イベント突破報酬あるいはイベント海域でのドロップのみ。限定的な入手手段のみであるが、Lv48以上まで育成しにすることで改装設計図を使わずに2つの大発動艇を入手できる。
    • 2021/01/13から2-3-N(ボス)において期間限定でドロップするようになった。(2022/01/25現在も継続中)

    入手可能な任務

    現在22の任務で入手可能。
    内3つはクォータリー任務、3つはイヤーリー任務となる。

    • 強襲上陸作戦用戦力を増強せよ!』(6-3ボス戦にB勝利以上で達成)報酬。(2016/3/19~)
      • 6-3まで開放した上で、ウィークリー任務の最後に控える『南方海域珊瑚諸島沖の制空権を握れ!』*4がトリガーなので、決して楽な道のりではない。
    • 新編「第八駆逐隊」出撃せよ!』(1-6でゴール地点へ1回到達で達成)報酬。(2016/6/30~)
      • 朝潮改二(要レベル70)または朝潮改二丁(要レベル85)が必要。
    • 旗艦「由良」、抜錨!』(指定艦を含む艦隊で2-3ボス戦及び5-1ボス戦に各1回ずつS勝利で達成)選択報酬。(2017/6/23~)
      • 由良改二(要レベル77+改装設計図)が必要なほか、前提条件として、編成任務『新編「第四水雷戦隊」を編成せよ!』*5の達成が必要である。
      • この任務の報酬は、大発動艇と補強増設のどちらか一つの選択となる。どちらも貴重な装備・アイテムなため悩ましい選択となるだろう。
        大発を開発できる秘書艦がいるなら増設を選べばいい。
        一応補強増設はアイテム屋さんで購入可能。
    • 精鋭「第二二駆逐隊」出撃せよ!』(指定艦を含む艦隊で3-2ボス戦にS勝利で達成)選択報酬。(2017/7/31~)
      • 文月改二皐月改二長月改水無月改を含む艦隊で3-2をS勝利1回で達成。
      • この任務の報酬は3択で、大発動艇x1、新型砲熕兵装資材x1、補強増設x1の中から一つ選択となる。
    • 輸送部隊の練度向上に務めよ!』(演習で4回以上「勝利」で達成)選択報酬。(2017/9/12~)
      • 単純に演習で4回勝利すれば達成できる、編成の縛り等も無く簡単。
      • この任務の報酬は、大発動艇と特注家具職人のどちらか一つの選択となる。特注家具職人はアイテム屋さんで購入可能なため大発動艇を選びやすい。
    • 最精鋭「第八駆逐隊」、全力出撃!』(指定艦を含む艦隊で3-2ボス戦及び5-4ボス戦に各1回ずつS勝利で達成)選択報酬。(2017/10/25~)
      • 満潮改二朝潮改二(丁でも可)・荒潮改二大潮改二が全員改二の状態で必要。(荒潮改二・大潮改二には設計図が各1枚必要)
        出撃海域にも駆逐4隻を入れた状態での5-4攻略が含まれるなど達成条件は厳しめ。
      • この任務の報酬は3択で、12.7cm連装砲C型改二、大発動艇、22号対水上電探x2の中から一つ選択となる。
        22号電探は開発可能・低レベル改造での持参艦多数と優先度が低い。C型砲は持参艦が限られており、それ以外だと改修更新・一部任務での入手となる。
        C型砲は12.7cm連装砲D型改二改修にも数が必要であり、艦隊への貢献度では駆逐主砲より大発動艇である場面も多いがコレクションや将来性を考慮して選びたい。
    • 松輸送作戦、開始せよ!』(龍田旗艦含む指定艦で1-4をA勝利2回と1-6を2回クリア)選択報酬。(2018/1/17~)
      • 龍田改二または龍田改を旗艦とし、駆逐や海防を3隻+自由枠2で1-4を2回A勝利・1-6を2回クリアで達成できる。
      • この任務の報酬は3択で、戦闘詳報x1・大発動艇x1・特注家具職人x1の中から一つ選択となる。
        この中で戦闘詳報はイベント報酬や任務報酬での配布のみなので他2つの報酬と比べると貴重品であるほか使用場面も多い。この任務では素直に戦闘詳報を選ぶのがオススメ。
    • 松輸送作戦、継続実施せよ!』(指定艦で1-4をA勝利3回と1-6を3回クリア)選択報酬。(2018/2/5~)
      • 軽巡・雷巡・練巡・駆逐のいずれかを旗艦とし、駆逐艦または海防艦(混在可)3隻+自由枠2で1-4ボス3回A勝利以上及び1-6を3回クリア(ゴール地点へ到達)で達成。
      • この任務の報酬は2択で大発動艇x1・改修資材x3から一つ選択となる。
        大発動艇は開発・艦の持参品などで量産できなくもない、一方で改修資材も課金で増やせなくもないという部分からどちらを選ぶかはケースバイケースだろう。
        改修資材は定期的に入手できるものである事に加えて3個と入手個数が少なめ。
    • 「十八駆」、北方海域キス島へ!』(指定艦を含む艦隊で3-2をS勝利2回)選択報酬。(2018/4/6~)
      • 霰改二霞改二/霞改二乙陽炎改不知火改を含む水雷戦隊(軽巡1+駆逐5まで可)で3-2をS勝利2回で達成。
      • この任務の報酬は3択で、大発動艇x1、10cm連装高角砲改+増設機銃x1、改修資材x5の中から一つ選択となる。
        この中で10cm連装高角砲改+増設機銃は現状でこの任務と武蔵改二の初期装備でしか入手方法が無い貴重な品。(武蔵改二量産で増やせなくも無いが超高コスト)
        補強増設枠に積める艦がいるなど特殊な使い方が可能な装備なので選択優先度は高いと言えるだろう。
    • 「第七駆逐隊」、南西諸島を駆ける!』(指定艦を含む艦隊で2-1・2-2・2-3・2-4をS勝利1回)選択報酬。(2018/10/26~)
      • の内2隻を含む艦隊で2-1,2-2,2-3,2-4をS勝利1回で達成。
      • この任務の報酬は3択で、大発動艇x1、12.7cm連装砲B型改二x3、特注家具職人x1の中から一つ選択となる。
        12.7cm連装砲B型改二は二期移行と共に入手難易度が大きく下がったためこの任務は大発動艇を選びやすいと言えるだろう。
        特定の艦こそ必要なものの大発は低資材で開発可能。
        特注家具職人はアイテム屋さんで購入可能。
    • 主力オブ主力、抜錨開始!』(指定艦を含む艦隊で5-3・5-4・5-5をS勝利1回)選択報酬。(2018/11/16~)
    • 南方戦線遠征を実施せよ!』(指定の遠征を各1回成功で達成)選択報酬。(2019/6/25~)
    • 「十八駆」演習!』(クォータリー)(「指定艦を含む艦隊で演習S勝利3回)選択報酬。(2019/9/30~)
      • 「霞」+「霰」+「陽炎」+「不知火」+自由枠2隻とし、演習にて当日中に3回S勝利で達成。
      • 定期的に大発動艇が入手可能な任務その1。
      • この任務の報酬は3択で、大発動艇、12cm30連装噴進砲x2、改修資材x3の中から一つ選択となる。
        この中では大発動艇がやや入手し辛いが、既に十分な数を持っているなら他を選んでも良い。改修資材としての需要が高いが入手がやや面倒で開発コストもそれなりな墳進砲か、課金しなければ入手数が限られる改修資材といずれも魅力的なのでよく考えよう。
    • 発令!「西方海域作戦」』(クォータリー)(4-1~4-5でそれぞれS勝利1回ずつ)選択報酬。(2019/9/30~)
      • 4-1、4-2、4-3、4-4、4-5を各1回ずつS勝利で達成。
      • 定期的に大発動艇が入手可能な任務その2。
      • この任務の報酬は3択で、勲章、大発動艇x2新型噴進装備開発資材の中から一つ選択となる。
        大発動艇x2が目を引くが一応開発も可能である。新型噴進装備開発資材は現状極めて入手機会に乏しいアイテムであり、勲章もそれなりに入手機会はあるものの設計図の入手などに必要なアイテムである。慎重に判断しよう。
    • 工廠稼働!次期作戦準備!』(クォータリー)(特定のアイテムを消費)選択報酬。(2019/9/30~)
      • 14cm単装砲x6を廃棄し、家具コイン6,000と35.6cm連装砲九六式艦戦各三つを準備することで達成。
      • 定期的に大発動艇が入手可能な任務その3。
      • この任務の報酬は3択で、大発動艇、零式艦戦21型x2、九六式陸攻の中から一つ選択となる。
        いずれも開発で入手可能ではあるが、陸攻は開発コストがかなりかかるため、特定の艦こそ必要なものの低資材で開発可能な大発より優先することも一考だろう。
    • 「夕張改二」試してみてもいいかしら?』(指定艦を含む艦隊で2-5、3-3、5-3、6-3を各1回S勝利)選択報酬。(2020/1/14~)
      • 旗艦「夕張改二//」+自由枠5隻とし、2-5、3-3、5-3、6-3のボスマスを各1回S勝利で達成。
      • この任務の報酬は3択で、二式爆雷x2、大発動艇x2、特注家具職人x1の中から一つ選択となる。
        大発動艇が2個貰える任務の一つ。大発は低コストで条件付きで開発可能、二式爆雷の作成は割と手間がかかるが潜水艦の装甲減退効果のある装備では最強。家具職人はアイテム屋で購入可能だが攻略には影響しない趣味アイテム。判断基準をどこに置くかは提督次第である。
    • 練習航海及び警備任務を実施せよ!』(イヤーリー)(3月)(指定の遠征を各1回成功で達成)選択報酬。(2020/3/27~)
    • 小笠原沖哨戒線の強化を実施せよ!』(イヤーリー)(5月)(指定の遠征を各1回成功で達成)選択報酬。(2020/5/20~)
    • 球磨型軽巡一番艦、出撃だクマ!』(指定艦を含む艦隊で2-2、3-2、7-3-2を各1回S勝利、1-6を1回クリア)選択報酬。(2021/1/13~)
      • 旗艦「球磨改二/」+自由枠5隻とし、2-2、3-2、7-3-2のボスマスを各1回S勝利、1-6ゴール地点到達1回で達成。
      • この任務の報酬は3択で、25mm三連装機銃x2、大発動艇、改修資材x3の中から一つ選択となる。
        装備品二つは開発や持参品などで手に入ることがあるので改修資材を選ぶのがベターか。
    • 南西方面の兵站航路の安全を図れ!』(イヤーリー)(6月)(指定艦を含む艦隊で1-5、2-1を各2回A勝利、1-6を2回クリア)選択報酬。(2021/6/22~)
      • 定期的に大発動艇が入手可能な任務その6。
      • 旗艦(軽巡/練巡/駆逐艦)+(駆逐艦/海防艦)3隻+自由枠2隻とし、1-5・2-1のボス戦を各2回A勝利以上、1-6を2回クリア(ゴール地点へ到達)で達成。
      • この任務の報酬は3択で、大発動艇x2、新型砲熕兵装資材x1、改修資材x3の中から一つ選択となる。
        大発動艇が2個貰える任務の一つだが開発可能であるためどうしても今すぐに必要というわけでもないのならアイテムのどちらかを選ぼう。
    • 【作戦準備】第二段階任務(対地/対空整備)』(指定艦を含む艦隊で1-3・1-4・2-1・2-2をS勝利1回)選択報酬。(2021/8/4~)
      • 駆逐艦3隻+自由枠3隻とし、1-3・1-4・2-1・2-2のボス戦を各1回S勝利で達成。
      • この任務の報酬は3択で、大発動艇x225mm三連装機銃x2、応急修理女神 x1の中から一つ選択となる。
        大発動艇が2個貰える任務の一つ。応急修理女神はアイテム屋さんで購入可能だが課金しなければ入手数が限られるが、大破即撤退を心掛けている提督なら必要ないかもしれない。ゲーム内だけでの入手難度は女神が一番だろう。
    • 改白露型駆逐艦「山風改二」、奮戦す!』(指定艦を含む艦隊で2-2・7-2-2・5-1・6-4をS勝利1回)選択報酬。(2021/9/28~)
      • 山風改二/改二丁江風改二海風改二から2隻+自由枠4隻とし、2-2・7-2-2・5-1・6-4をS勝利1回で達成。
      • この任務の報酬は3択で、改修資材x5、大発動艇x3新型兵装資材 x2の中から一つ選択となる。
        大発動艇が3個貰える任務だが、大発は一応開発可能なので今すぐに必要でないならアイテムのどちらかを選ぼう。

    ランカー褒賞・イベント海域突破報酬・ミニイベント任務

    過去のランカー褒賞・イベント海域突破報酬・ミニイベント任務。

     

装備改修・更新について

現在、大発動艇から3種類の装備へ装備更新することが可能。

  1. 陸上攻撃能力を大幅に強化した大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)(2016/03/19装備更新実装)
  2. 遠征輸送能力を強化した特大発動艇(2016/11/04装備更新実装)
  3. 陸上攻撃能力と対PT攻撃能力をある程度両立した武装大発(2021/03/01装備更新実装)

特に特大発動艇へ装備更新する際には未改修の大発動艇が4つ必要となる。
こちらを目指す場合には無闇に大発動艇を改修しないように注意が必要。

 

性能比較表(装備最大値/大発系装備早見表/テーブルより転送)

輸送性能比較表。閉じています。

装備名種別遠征ボーナス輸送資源量(TP)*6改修入手方法備考追加
基本値*7特大発補正*8最大改修*9S勝利A勝利追加
大発動艇上陸5%-0.5%8.05.6初期装備、任務、イベント、開発編集
特大発動艇上陸5%2%*100.5%改修、任務、ランキング編集
大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)上陸2%-0.2%改修、イベント、ランキング編集
特大発動艇+戦車第11連隊上陸0%--イベント編集
M4A1 DD上陸0%---イベント、ランキング編集
装甲艇(AB艇)上陸2%--任務、ランキング神州丸増設に装備可編集
武装大発上陸3%--改修、ランキング編集
大発動艇(II号戦車/北アフリカ仕様)上陸2%---イベント限定任務編集
特大発動艇+一式砲戦車上陸2%--??-ランキング、限定任務編集
特二式内火艇内火1%-0.1%2.01.4改修、任務、ランキング編集

対地性能比較表。閉じています。

装備名種別対地特効補正備考追加
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台
小鬼
離島
棲姫
港湾
夏姫
追加
大発動艇上陸編集
特大発動艇上陸編集
大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)上陸編集
特大発動艇+戦車第11連隊上陸編集
M4A1 DD上陸編集
装甲艇(AB艇)上陸?神州丸増設に装備可編集
武装大発上陸?編集
大発動艇(II号戦車/北アフリカ仕様)上陸??編集
特大発動艇+一式砲戦車上陸?????編集
特二式内火艇内火編集

種別欄:上陸(上陸用舟艇),内火(特型内火艇)

  • 遠征ボーナスでは、艦隊が装備している素補正を持つ全ての上陸用舟艇・内火艇★平均を用いて計算する。
    • 特大発補正の詳細、改修効果を含めた遠征ボーナスの詳しい計算はこちらを参照。
  • 対地特効補正の記号表記は、効果の大きい物から以下の順とした。
    • ☆ > ◎ > ◯ > △
  • 実際の補正倍率については以下を参照のこと。
    • 同種別の装備を1つのみ積んだ場合の数値表
    • 同種別の装備を複数積んだ場合の数値表

大発系装備可能艦一覧

クリックして表示

艦種艦名装備可否追加
上陸用舟艇特型内火艇追加
戦艦(低速)長門改二編集
陸奥改二×編集
軽空母(護衛空母)Gambier Bay Mk.II×編集
雲鷹改/改二×編集
航空巡洋艦最上改二××編集
最上改二特編集
軽巡洋艦龍田改二編集
球磨改二××編集
球磨改二丁編集
多摩改二編集
由良改二編集
鬼怒改二編集
阿武隈改二編集
夕張改二/××編集
夕張改二特*11編集
能代改二×編集
矢矧改二/×編集
Gotland andra×編集
駆逐艦睦月改二×編集
如月改二×編集
皐月改二編集
文月改二編集
三日月改×編集
天霧改二××編集
天霧改二丁編集
Верный編集
初霜改二×編集
有明改×編集
白露改二×編集
村雨改二×編集
海風改二編集
山風改二×編集
山風改二丁編集
江風改二×編集
朝潮改二××編集
朝潮改二丁編集
大潮改二編集
満潮改二編集
荒潮改二編集
霰改二編集
霞改二/編集
黒潮改二×編集
親潮改二×編集
雪風改二×編集
巻雲改二×編集
風雲改二×編集
沖波改二×編集
朝霜改二×編集
潜水艦
潜水空母
まるゆ(未改造)*12××編集
上記を除く全ての潜水艦/潜水空母×編集
水上機母艦神威改編集
千歳//編集
千代田//編集
瑞穂/編集
日進×編集
日進改/編集
秋津洲××編集
秋津洲改編集
Commandant Teste××編集
Commandant Teste改編集
補給艦神威××編集
神威改母編集
速吸××編集
速吸改編集
宗谷(特務艦/灯台補給船/南極観測船)×編集
揚陸艦神州丸/編集
あきつ丸/編集

※艦種・並び順は艦娘名一覧準拠。
上陸用舟艇:大発動艇/特大発動艇/大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)/特大発動艇+戦車第11連隊/M4A1 DD/装甲艇(AB艇)/武装大発/大発動艇(II号戦車/北アフリカ仕様)/特大発動艇+一式砲戦車
特型内火艇:特二式内火艇

 

その他

装備のイラストでは妖精が最多の5人(+動物が3匹)もいる。しかし、緊張感とは程遠く、思い思いにのんびりと過ごしている。

  • 2015/11/18アップデートでグラフィックが更新された。以前の画像とは向きが変わり、揚陸用の歩板がある艇首が画像の前にきている。

    2015/11/18アップデート以前の画像

    2015/11/18アップデート以前の画像

    搭載可能艦燃費比較(遠征も参照のこと)

    搭載可能艦燃費比較(遠征も参照のこと)

    No.艦名艦種改造Lv搭載数燃料弾薬備考
    049/050千歳/千代田水上機母艦-23535
    095/096千歳改/千代田改水上機母艦1033540
    099/100千歳甲/千代田甲水上機母艦1233545
    251瑞穂水上機母艦-23535
    251b瑞穂改水上機母艦4034045
    250秋津洲改水上機母艦3536015
    291bCommandant Teste改水上機母艦4044050
    299神威改水上機母艦3533015
    381日進水上機母艦-34040
    381b日進改水上機母艦4034040
    386日進甲水上機母艦6044045
    161あきつ丸揚陸艦-24010大発を持参
    166あきつ丸改揚陸艦2534525
    421神州丸揚陸艦-3355大発を持参
    426神州丸改揚陸艦4844020改造時に大発を持参
    260b速吸改補給艦25312020
    300神威改母補給艦6033020
    408宗谷補給艦- /60+建造材*1332010特二式内火艇は装備不可
    445宗谷(灯台補給船)補給艦60+建造材+開発材2205特二式内火艇は装備不可
    450宗谷(南極観測船)補給艦60+建造材+開発材3255特二式内火艇は装備不可
    200阿武隈改二軽巡洋艦75+改装設計図32535改造時に大発を持参
    287鬼怒改二軽巡洋艦75+改装設計図32530改造時に大発を持参、遠征増加+5%(大発の増加上限+20%内)
    288由良改二軽巡洋艦77+改装設計図32530
    347多摩改二軽巡洋艦70+改装設計図32530
    278龍田改二軽巡洋艦80+建造材+開発材32525
    457球磨改二丁軽巡洋艦88+建造材+開発材*1432535
    423夕張改二特兵装実験軽巡86+建造材+開発材*15430405スロ目には搭載不可
    430Gotland andra軽(航空)巡洋艦85+カタパルト+
    改装設計図+建造材+開発材
    43035
    264/270霞改二/霞改二乙駆逐艦75/8831520
    218皐月改二駆逐艦7531515
    147Верный駆逐艦7031525
    199大潮改二駆逐艦65+改装設計図31520改造時に大発を持参
    234睦月改二駆逐艦6531515特二式内火艇は装備不可
    235如月改二駆逐艦6531515特二式内火艇は装備不可
    269江風改二駆逐艦7531520特二式内火艇は装備不可
    268朝潮改二丁駆逐艦8531520
    290荒潮改二駆逐艦67+改装設計図31520改造時に大発を持参
    348文月改二駆逐艦7731515
    289満潮改二駆逐艦7731520
    298村雨改二駆逐艦70+戦闘詳報31520特二式内火艇は装備不可
    198霰改二駆逐艦63+改装設計図31520改造時に大発を持参
    363巻雲改二駆逐艦75+改装設計図+戦闘詳報31520特二式内火艇は装備不可
    387海風改二駆逐艦82+戦闘詳報+開発材31520
    037b三日月改駆逐艦2031515特二式内火艇は装備不可
    432b有明改駆逐艦48+建造材+開発材31520特二式内火艇は装備不可
    508天霧改二丁駆逐艦89+建造材+開発材*1631520
    306最上改二特特殊改装航空巡洋艦90+建造材+開発材*1745570
    458Gambier Bay Mk.II改装特務空母73+改装設計図+
    カタパルト+建造材+開発材
    43040特二式内火艇は装備不可
    484b雲鷹改軽空母62+開発材43030特二式内火艇は装備不可
    489雲鷹改二軽空母85+改装設計図+
    カタパルト+開発材
    43535特二式内火艇は装備不可
    341長門改二戦艦88+改装設計図4180225

    搭載可能艦実装の遍歴

    搭載可能艦実装の遍歴
    当初は搭載できる艦が非常に限られていたが、阿武隈改二の実装後は搭載できる艦娘が増えている。
    2021年12月28日メンテ後の時点で、搭載可能な艦娘は43隻。

    • 2013年12月24日、あきつ丸と共に大発動艇実装。装備可能な艦はあきつ丸/千歳/千代田。搭載可能艦3。
    • 2015年07月17日、阿武隈改二実装。「改二で搭載可能になった」最初の艦娘。搭載可能艦4。
    • 2015年08月10日、瑞穂実装。搭載可能艦5。
    • 2016年01月19日、霞改二(乙)実装。搭載可能艦6。
    • 2016年02月29日、皐月改二実装。同時に装備可能になったВерныйは「運用装備仕様の拡張によって搭載可能になった」最初の艦娘。搭載可能艦8。
    • 2016年03月19日、秋津洲改、速吸改も装備可能になる。搭載可能艦10。
    • 2016年04月01日、大潮改二実装。睦月改二、如月改二も装備可能になる。搭載可能艦13。
    • 2016年04月22日、江風改二実装。搭載可能艦14。
    • 2016年06月30日、朝潮改二丁実装。搭載可能艦15。
    • 2016年11月04日、鬼怒改二実装。搭載可能艦16。
    • 2016年11月18日、Commandant Teste改実装。搭載可能艦17。
    • 2017年01月25日、荒潮改二実装。搭載可能艦18。
    • 2017年05月02日、神威改実装。搭載可能艦19。
    • 2017年05月22日、長門改二実装。搭載可能艦20。
    • 2017年06月23日、由良改二実装、搭載可能艦21。
    • 2017年07月31日、文月改二実装、搭載可能艦22。
    • 2017年10月25日、満潮改二実装、搭載可能艦23。
    • 2017年12月11日、多摩改二実装、搭載可能艦24。
    • 2018年01月17日、龍田改二実装、搭載可能艦25。
    • 2018年01月17日、村雨改二実装、搭載可能艦26。
    • 2018年04月06日、霰改二実装、搭載可能艦27。
    • 2018年11月16日、巻雲改二実装。搭載可能艦28。
    • 2018年12月27日、日進実装、搭載可能艦29。
    • 2019年06月25日、海風改二実装、搭載可能艦30。
    • 2019年11月30日、神州丸実装、搭載可能艦31。
    • 2020年01月14日、夕張改二特実装、搭載可能艦32。
    • 2020年04月23日、Gotland andra実装、搭載可能艦33。
    • 2020年05月20日、三日月改に能力付与、搭載可能艦34。「上陸/輸送用舟艇の運用能力を新しく付与
    • 2020年07月11日、有明改実装、搭載可能艦35。
    • 2021年01月13日、球磨改二丁実装、搭載可能艦36。
    • 2021年03月30日、最上改二特実装、搭載可能艦37。
    • 2021年05月21日、宗谷(特務艦/灯台補給船/南極観測船)実装、搭載可能艦38。
    • 2021年07月15日、Gambier Bay Mk.II実装、搭載可能艦39。
    • 2021年09月28日、山風改二丁実装、搭載可能艦40。
    • 2021年10月15日、初霜改二に能力付与、搭載可能艦41。「【初霜改二】装備運用特性の上方修正
    • 2021年12月28日、雲鷹改/改二実装、搭載可能艦42。
    • 2022年01月21日、天霧改二丁実装、搭載可能艦43。

小ネタ

  • 通称は「大発(だいはつ)」だが、自動車メーカーのダイハツとは関係ない。
    • ダイハツは、元の社名を発動機製造株式会社と言い、大阪府に本社があることから「大阪の発動機製造」を略して「大発」と呼ばれていた。
    • ダイハツのロゴもなんだか大発動艇の形状を模しているようにも見えなくないが、これもまたダイハツの頭文字「D」を意匠化しただけとのこと。
    • ついでに「東京発動機株式会社」略して「東発」もあった。後身のトーハツは小形船舶用船外機や消防ポンプのトップメーカーとして健在。
  • 日本陸海軍が揃って運用した、発動機(エンジン等の動力機関)付きの大型上陸用舟艇で、太平洋戦争の島嶼戦闘における隠れたMVP。
    • 「近代的な上陸用舟艇」の実用品としては世界初、当然渡し板方式(前面がパタンと倒れて兵士や車両が出られる方式)も世界初だった。
      • という説が流布しているが、近代実用上陸用舟艇の元祖はガリポリ上陸戦で活躍したイギリスのX-Lighter(1915年)。繰り出し式道板を備えていた。
        開閉式船首が直接道板になる方式もイギリスのMLC(1926年)が世界初。大発・小発が開閉式船首を採用したのはB型(1930年)から。
      • 米軍も日華事変のときに撮影した大発をパクって参考にして「LCVP*18(ヒギンズ・ボート)」と呼ばれる上陸用舟艇を開発している。プライベートライアンの冒頭に出てくるアレである。
      • だがカードでは肝心の渡し板部分が文字で隠れている。妖精さんの向きとも相まって間違いやすいが、絵の手前側は船尾である。
        上記アップデートにより、艇首側が手前に来るよう修正された。
      • 単胴の船体だが、file船首側が二股に別れたY字型の船体(船底)のお陰で浜にのし上げても転倒しない。碇を船尾側に設置したことで、満潮を待って碇を引けば船体はバックして撤収の操船が簡単である。実に細かい配慮。
    • 一部ではこれが無ければ太平洋戦争は戦えなかったとも言われているほど。
  • 艦これ内では装備可能艦は少ないが、実際には高速輸送艦扱いとなった重雷装艦や、兵員輸送用に改造された旧式駆逐艦*19にも搭載されていた。
    • 海軍での名称は「十四米(メートル)特型運貨船」。一等輸送艦(未実装)に搭載されていた他、港湾の雑務などにも携わっていたようである。
    • 鼠輸送任務では、物資を積んだまま駆逐艦に牽引されたりもしている。
    • 緒戦のマレー・フィリピン上陸作戦、ソロモン諸島の戦い、キスカ撤退作戦などで数々のドラマを生み出したのもこの大発。
      映画「太平洋奇跡の作戦キスカ」で、浅瀬に並べられた大発が一斉に島を離れる場面はこの映画のクライマックスシーンである。「各艇エンジン発動!」
    • 南方戦線では、大型発動艇が延々と島伝いに人員・物資を運んでいく「蟻輸送」という輸送任務にも従事していた。
  • ちなみに兵員用の小発動艇(十米特型運貨船)というのもあった。
    こちらもそれなりに活躍し、後に大発に一本化され生産中止となったものの使われ続けた。
  • 他に、大発と小発の中間の「十三米特型運貨船」(中発)というものもあり、翔鶴に2隻搭載されていた。
    • 駆逐艦卯月は修理時の改装で船尾にスロープを設け、中発1隻を運用できるようになっていたので、多号作戦最後の第九次作戦で単独で突入する事に・・・
    • マリアナ沖海戦前の1944年6月、サイパンへの補給作戦(『イ号作戦』)の為に山城と第五艦隊を中心とした艦艇に対し、機銃増加と上陸用舟艇(大発・中発・小発)を搭載する改造を行った。
      • 内訳は、山城(大発6隻)、第五艦隊旗艦那智足柄(中発2隻)、多摩(中発1隻、小発1隻)、木曾(小発1隻)
      • 一水戦旗艦阿武隈(中発1隻、小発1隻)、7駆、18駆不知火、21駆若葉初春(以上、小発2隻)、18駆薄雲(小発1隻)
      • 十一水戦旗艦長良(中発1隻、小発1隻)、冬月、清霜(以上、小発2隻)、(小発1隻)
      • その他、鹿島(中発4隻)、香椎(中発2隻)、旗風(小発2隻)、皐月(小発1隻)、海防艦数隻

  • 大発にはA型~D型と幾つかタイプが有り、太平洋戦争で主力になったのはD型と呼ばれる、はっきゅん八九式中戦車の揚陸が可能なタイプ。
    • 小舟のような見た目に反し波に対して非常に強く、自力では9ノットしか出せないにも関わらずガダルカナル島撤退では駆逐艦に曳航されて20ノットを超える速度で爆走した。
    • 搭載能力は11トン。兵士なら70人、車両なら1両、馬なら10頭を搭載できるとされた。
      • 「馬?」と思われるかもしれないが、第二次世界大戦当時は馬引きによる運送や偵察用の騎兵はまだまだ現役である。*20
    • 派生型として組立式や折畳式とした物のほか、鋼材節約のために素材を木や合板製にした物、チハたん九七式中戦車が搭載可能な「特大発動艇」(特大発)、更に大型の「超大発動艇」(超大発)などがあった。
    • 中には爆雷や陸軍の速射砲を装備し、米軍の魚雷艇や潜水艦に対抗した「武装大発」なるものもあった。
    • 武装大発に関しては、速射砲の砲架としては安定性が貧弱(砲旋回不能)、12.7mm機銃を防げる装甲板が調達できなかったので無装甲、そもそも魚雷艇より格段に鈍足と、よほどの幸運が重なってようやく一矢報いることができるぐらいだったとか。
      それしか無かったから使われたとはいえ、本来の用途以外に使ってもうまくいかないという例である。
      • ただそれでも高い士気と戦術の工夫で戦果を出す者は多数おり*21、ソロモン海では出撃のたびに魚雷艇を狩って帰ってくる『ソロモンの虎(自称)』なるエース武装大発乗りも居たという。
    • オルモック上陸作戦では米魚雷艇や航空機による攻撃が予測され、事前に大発に可能な限りの武装が施された。
      • 高射機関砲や重機関銃にとどまらず、航空機銃や海軍の25ミリ砲、歩兵砲まであらゆる兵装が積まれている。
  • 何気に使いやすかったために戦後も民間で重宝され、渡し船や漁船などとして活躍した。
    東南アジアや太平洋諸国では、日本軍が遺棄した大発を現地人が再利用する例もあった。
    • 現在もパプアニューギニア・ラバウルの大発退避壕には、当時の大発が数隻保管されていたりする。
      戦後70年を経て腐食がはなはだしく崩壊状態に近いものの、おそらく現在に残る唯一の大発であろう。
      • 実は日本国内においても、京都・嵐山美術館で近年までほぼ完全な状態の大発が1隻保存されていた。
        だが同美術館の閉館にともない所蔵資料が散逸するなかで、この貴重な大発は残念ながら解体廃棄されてしまったという。

この装備についてのコメント

  • 例の任務クエ、選択報酬で96陸攻と何かの三択であったけど、これからは陸攻に出来るね -- 2021-12-11 (土) 10:11:08
    • 残りの選択報酬は零式艦戦21型×2だな。開発に必要な艦がいるなら1つ目の選択報酬はほぼほぼ九六式陸攻で決まりだな。 -- 2021-12-11 (土) 23:59:10
  • よし、これで輸送用の大発を気にせず更新に回せるな -- 2021-12-11 (土) 10:34:17
  • マジでドラム缶よりよく出る -- 2021-12-11 (土) 10:54:02
    • たしかによくでる。資源不足の時に任務達成用につかえる。しかも7.7と12.7もぽこじゃかでてくるから、改修さえできれば遠征は特大発にしていいくらいだよねえ。 -- 2021-12-11 (土) 11:11:07
  • 金輪際、余程のことが無い限り選択報酬で選ぶ必要ないな。忘れて選びそうだから書き込んどく。 -- 2021-12-11 (土) 13:24:28
  • 初心者提督で必死に集めてたのに・・・集めても載せる子いないから三日月3人態勢です -- 2021-12-11 (土) 13:30:56
    • 初心者提督でもゆくゆくは対地装備や特大発を複数個作って攻略する事になるし、その必死に集めた分もこれから開発する分も無駄にはならないさ。 -- 2021-12-11 (土) 13:37:59
    • 集めやすくなったのに何を嘆く事があろうか!存分に活用したまえ -- 2021-12-11 (土) 13:40:53
    • そこに千歳と千代田が居るじゃろ? -- 2021-12-11 (土) 17:05:37
    • ベース分と素材分と素材を拵えるベース分として数十あっても腐らないから嘆く要素ほぼないぞ。 -- 2021-12-11 (土) 18:43:34
    • 大丈夫、大発は使うところが多いから無駄にはならない。いろいろ出来ることが増えて楽しくなるよ -- 2021-12-13 (月) 22:17:44
    • ネジも安いし改修素材もドラム缶だしでどんどん上位大発に更新していっても良くなった訳で。遠慮なく開発分も使い倒してやりなさいな -- 2021-12-14 (火) 18:51:22
  • 開発できるのはまじで感謝しかない -- 2021-12-11 (土) 18:45:09
  • どなたか開発レシピについて教えていただけますでしょうか? -- 2021-12-11 (土) 18:53:17
    • あきつ丸、神州丸、宗谷(ただし宗谷(特務艦)状態でのみ)を旗艦として開発可能。理論値の10/10/10/10で開発可能。 -- 2021-12-11 (土) 22:07:10
  • ずっとコツコツ集めてた特大発10台はもう努力の成果とは言えなくなってしまったな・・・ -- 2021-12-12 (日) 00:35:44
    • ちゃんと改修を重ねてきたんだから努力以外の何物でもないじゃないか何を嘆く -- 2021-12-12 (日) 01:11:11
    • うちも特大発12個ある。お互い改修を頑張った証だよ -- 2021-12-13 (月) 22:19:04
    • 今からやっと特大発量産に着手って人も沢山いるからね。既に持っていると言うこと自体大きなアドバンテージであり努力の成果よ。それに大発は遠征資源に直接関わるから早く仕上げてたならそれだけ資材量への恩恵も多く受けられてるしね。 -- 2021-12-14 (火) 18:49:19
    • 今まで改修してくれた龍田改二&鬼怒改二に感謝って事よ。つうか特大量産のためにはこの2人が必須だし -- 2021-12-17 (金) 14:41:19
    • アプリ版が出て遠征が気楽に出せるようになり、持参艦(要設計図だけど)の実装や任務等で素材の入手も現実的になったから即行で特大発増やした。おかげでイベントへの備えが大分楽になったから、先行で12個作った後悔は無いな・・ -- 2022-01-14 (金) 16:54:42
  • うわ、開発落ちまじか 大発×4・特大×4の3セット作成が一気に楽になったな -- 2021-12-14 (火) 00:23:04
    • わりと開発率高いみたいで嬉しいが、冷静に考えるとそもそも入手困難な仕様が異常だった。 -- 2021-12-15 (水) 16:45:28
      • 以前は「確かに遠征の収入は増えるけど、入手するまでの支出を取り返すのはかなり無理あるよ?」だったもんな -- 2021-12-16 (木) 22:02:22
  • しまった!いつものクセで任務でまた大発選んじまった -- 2021-12-17 (金) 06:02:52
    • 俺、この秋イベが終わったらクォータリーで大発もらうんだ -- 2021-12-17 (金) 09:05:09
  • で、開発率ってどれぐらい? -- 2021-12-17 (金) 06:04:04
    • 三連2回目で2つ出た、笑うわ -- 2021-12-17 (金) 09:08:24
  • 3日程、宗谷さん旗艦でデイリー開発分だけ回したが、それだけで3艇増えた -- 2021-12-17 (金) 11:42:52
  • 機銃ポコポコ増産されるわ。 -- 2021-12-17 (金) 22:31:33
    • 気軽に開発出来て手が止まりませんわ。ポコポコですわ。 -- 2021-12-19 (日) 12:19:32
  • 宗谷で開発して大発でてびっくりした。 開発落ちしてたのか。 これで特大発作成が楽になるな -- 2021-12-30 (木) 00:36:49
  • 大発など上陸用舟艇全般の装備可能艦一覧は後述の『大発系装備可能艦一覧』を参照。←ここのリンクが死んでます 修正お願いします -- 2022-01-23 (日) 19:24:41
    • 修正しました。 -- 2022-01-25 (火) 01:30:58

*1 改修について現在の検証詳細は改修工廠を参照。
*2 宗谷3種は出撃等で補給艦扱い
*3 帝国陸軍が保有していた上陸攻撃部隊
*4 い号作戦と海上護衛戦の後、敵東方艦隊を撃滅せよ!と敵東方中枢艦隊を撃破せよ!の達成が必要。
*5 第一艦隊旗艦に由良改二、随伴艦に村雨夕立春雨五月雨他1隻の駆逐艦配備
*6 例外2つを除く過去イベントにおけるTP値。今後実装が変化する可能性あり
*7 合計20%まで
*8 合計6%まで
*9 改修値★maxの値。合計2%まで
*10 2個目まで。3個目以降は減少。
*11 第5スロットには上陸用船艇・特型内火艇共に装備不可
*12 装備スロットが無いため装備不可
*13 宗谷(南極観測船)からのコンバート時
*14 前提の球磨改二の改造に改装設計図+建造材+開発材が必要
*15 前提の夕張改二の改造に改装設計図+戦闘詳報+建造材+開発材が必要
*16 前提の天霧改二の改造に改装設計図+建造材+開発材が必要
*17 前提の最上改二の改造に改装設計図+新型航空兵装資材x2+戦闘詳報 +開発材が必要
*18 Landing Craft, Vehicle, Personnel:「車両人員揚陸艇」の略。
*19 第一号型哨戒艇や第三十一号型哨戒艇など。代表的なものに第一号哨戒艇(元は峯風型の初代島風)がある
*20 自動車用の道路が日本国内でも十分に整備されていなかった時代である。自動車が入れなかった軟弱地盤や狭隘な地形などでは、騎兵隊はどの部隊でも重宝がられていた。最終的には、兵士の空腹を満たす用途にも用いられた。ちなみに、競馬の東京優駿(日本ダービー)も、もともとは軍が使う優秀な駿馬の育成を目的として創設された経緯がある。
*21 主に夜闇に乗じた隠密待ち伏せ戦法や騙し討ち戦法が用いられていた