零式水中聴音機

Cached: 2021-10-24 08:40:05 Last-modified: 2021-06-17 (木) 03:14:21
No.132
零式水中聴音機大型ソナー
装備ステータス
火力雷装
爆装対空
対潜+11索敵+1
命中+1回避+1
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
航巡、揚陸艦、潜水母艦
夕張改二丁能代改二Fletcher Mk.II
秋月型改、宗谷(南極観測船)にも装備可能
雷巡、潜水艦、潜水空母、工作艦、練習巡洋艦、補給艦、
春日丸/大鷹/神鷹/日進(未改造)には装備不可
2015年2、6、9、10月作戦報酬
任務『「第七駆逐隊」、南西諸島を駆ける!』選択報酬
大型艦用パッシブソナー兵装です。
九三式水中聴音機の捕音機を増強した大型グレードアップバージョンで、大和型戦艦のバルバス・バウ付近にも装備されました。
専門の人員も配置して水面下の音を収集、敵潜などの早期発見に努めます。

ゲームにおいて

  • 2015年3月18日に2015年2月作戦の作戦報酬として登場した大型ソナー。
    • 以下の通り数度にわたってランキング報酬として配信されていた。
      • 2015年02月(1~500位) 最上位(1~5位)には2つ配布
      • 2015年06月(1~500位)
      • 2015年09月(1~5位)
      • 2015年10月(1~100位)
    • 2015年の10月報酬を最後に約3年間音沙汰が無かったが、2018年10月26日実装の任務『「第七駆逐隊」、南西諸島を駆ける!』の選択報酬として待望の本実装となった
      ほかの選択肢は開発資材と改修資材なので、余程の理由が無ければ本装備を選べばよいだろう。
  • 数値上は三式水中探信儀の上位…だが、対潜のメインである駆逐、軽巡、雷巡、練巡にはごく一部を除き装備不可。と言うより装備可能艦はほぼ真逆
    主な搭載艦は航巡、航戦、軽空母、水母のいずれか。
    対潜値だけを見るとカ号観測機の上位だが、この装備だけでは対潜攻撃しない点に注意。
    • 航巡、航戦、水母、あきつ丸改は従来通り水上爆撃機やカ号観測機等を搭載しないと対潜攻撃しない。
      • 水母は九四式爆雷投射機三式爆雷投射機との併用で対潜シナジーを得られるが、装備組み合わせは「水上爆撃機、爆雷投射機、本装備」のみ。
        駆逐や軽巡のように爆雷投射機2つと本装備の組み合わせにすると対潜攻撃しないので注意。
        ちなみに全艦中、日進改/秋津洲改Commandant Teste大鷹改二神鷹改二のみが大型ソナー(本装備)、小型ソナーの両方を搭載可能(改装前の秋津洲は本装備のみ可能)な対潜艦種である。適宜使い分けたい。
    • 軽空母も従来通り艦攻・艦爆カテゴリを同時に搭載しないと対潜攻撃しない。*1
    • 重巡や戦艦、正規空母等に搭載しても対潜攻撃を一切行わない
    • 夕張改二丁能代改二は元々軽巡、Fletcher Mk.II・秋月型改は元々駆逐なのでこの装備の有無に関係なく対潜攻撃する。
  • 改修された水中聴音機/水中探信儀は雷撃攻撃に対する探知回避能力が僅かに向上する」効果がある。
    現在改修不可の本装備はこの点で他装備に劣るため、今後の改修実装に期待する提督もいる。

  • 軽空母*2に本装備を載せた場合、対潜先制爆雷攻撃可能な対潜値が通常の65以上ではなく50以上となる。
    • 元々護衛空母は対潜値を持っていることもあるため、かなり低レベルから先制対潜や最上級対潜装備が無くても先制可能になりやすくなり、評価が上がっている。
      • 問題は前述通り、ランカーでなければ多数所持できない事か。


  • 余談だが、震電改が実装された2013年春イベント時点では、正規空母も対潜攻撃していた。
    同年6月の仕様変更で正規空母は対潜攻撃不可となり、同年12月に航空戦艦(及び深海棲艦の鬼や姫で内部的に航戦判定される艦種)が対潜可能になったという経緯がある。

性能比較表(装備最大値/ソナー・爆雷早見表/テーブルより転送)

装備名雷装対潜索敵命中回避装甲火ボ回ボ潜ボ国籍入手方法改修種別備考追加
四式水中聴音機121153改修、任務、イベント、ランキング特定の艦娘*3に装備ボーナス編集
三式水中探信儀改11211145任務特定の艦娘*4に装備ボーナス編集
三式水中探信儀102123開発、初期装備、改修、任務、イベント、ランキング特定の艦娘*5に装備ボーナス編集
九三式水中聴音機6132開発、初期装備、編集
HF/DF+Type144/147 ASDIC15232ランキング、イベント-編集
Type144/147 ASDIC1331初期装備任務、イベント、ランキング-編集
Type124 ASDIC1121初期装備任務、イベント、ランキング編集
零式水中聴音機11111任務、ランキング-大型艦専用編集
試製15cm9連装対潜噴進砲151153イベント爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘*6に装備ボーナス
編集
三式爆雷投射機 集中配備1211イベント-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘*7に装備ボーナス
編集
三式爆雷投射機8開発、初期装備、改修、任務編集
九四式爆雷投射機5開発、初期装備編集
二式12cm迫撃砲改 集中配備71-1改修、ランキング-爆雷とのシナジー無し
対地
編集
二式12cm迫撃砲改31初期装備、任務、イベント、ランキング爆雷とのシナジー無し
対地
編集
対潜短魚雷(試作初期型)220任務-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘に装備ボーナス
編集
RUR-4A Weapon Alpha改17111任務-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘に装備ボーナス
編集
二式爆雷7改修、任務、イベント編集
九五式爆雷4開発、初期装備、任務、イベント編集
  • ソ:ソナー、 大:大型ソナー、 投:爆雷投射機、 爆:爆雷
  • 分類
    • 爆雷投射機:装甲減少補正がない爆雷。下記の爆雷とシナジーを形成するものとそうでないものが混在している。
    • 爆雷:装甲減少補正がある爆雷。
  • 火ボ:火力値装備ボーナス、回ボ:回避値装備ボーナス、潜ボ:対潜値装備ボーナス
    • 上昇数値は艦個別加算の最大値
    • 対潜ボーナス値で対潜火力は上昇しない

小ネタ

  • 九三式水中聴音機の大型艦用で、説明通り大和型の艦首に搭載されていた。隼鷹飛鷹の初期装備にも。逆探的な消極的な運用だったと考えられる。
    • 九三式に比べて捕音機が16個から30個に増やされており、戦艦や空母、巡洋艦などが装備した。敵潜水艦の早期発見や魚雷回避の為に使用している。
    • 実際は聴音機等はあまりにもつける艦が多すぎたため、個々の艦に対しての訓令ではなく、一括訓令が出ており有るものをつけたので、海防艦稲木のように零式を装備した小型艦もいる。
      余談だが、ゲームでは装備できる夕張は潜水艦用を流用した。
  • 日本海軍は末期になると長門などの大型艦にも爆雷を搭載しており、大和は建造時から爆雷を装備していた。もしかして大型艦用爆雷も実装される?

この装備についてのコメント


*1 ただしRe.2001 G改と本装備のみでも対潜攻撃しない。詳しくは同装備ページ参照。
*2 「護衛空母」カテゴリの軽空母でなくても対潜値の条件を満たせば対潜先制爆雷攻撃が可能なのだが、対潜値を上昇させた瑞鳳改二(改二乙で近代化改修で上昇させた対潜値を引き継ぐことができる)以外の非護衛空母は素対潜値が0のため、S-51J改(対潜13)×3+当装備という非常に限定された条件しか満たせない。
*3 五十鈴改二由良改二那珂改二夕張改二/改二特/改二丁
*4 神風・春風・時雨・山風・舞風・朝霜・潮・雷・山雲・磯風・浜風・岸波・海風・江風・涼風・五十鈴・由良・那珂・石垣・御蔵
*5 神風春風時雨山風舞風朝霜山雲磯風浜風岸波
*6 五十鈴改二由良改二那珂改二夕張改二/改二丁
*7 五十鈴改二由良改二那珂改二