FR-1 Fireball

Cached: 2021-12-04 17:04:13 Last-modified: 2021-11-21 (日) 04:03:29
No.422
FR-1 Fireball艦上戦闘機
装備ステータス
火力+2雷装
爆装対空+11
対潜索敵
命中+1回避+3
戦闘行動半径5
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
任務『改装特務空母「Gambier Bay Mk.II」抜描!』報酬
米国で開発され、実際に部隊配備もされたジェットエンジンとレシプロエンジンのハイブリッド複合動力を持つ、
時代の橋渡し的な艦上戦闘機です。
比較的小型の護衛空母でも運用できる最新鋭艦上戦闘機として開発され、護衛空母での運用実験も開始されましたが、
戦争の終結及びジェット戦闘機の加速的な発展により短期間で量産計画は中止、全機が退役していきます。

ゲームにおいて

  • 2021/07/15実装。
  • ジェットエンジンを搭載した機体だが、通常の空母に装備可能。
    • 装備分類も噴式機ではなく通常の艦上戦闘機扱い。
  • 半径以外、Fw190 A-5改(熟練)と全く同じステータス。装備ボーナス込みで考えるならあちらの上位互換となる。

装備ボーナスについて

  • 特定艦に装備した時、パラメータが更に変化する装備ボーナスがある。
    • 搭載一個ごとの単体ボーナスは、装備数を増やせば累積する。
    • 他装備とのボーナスを持つ場合、それもまた別に計算される。
    • 対象艦と各ボーナス値は下表の通り。艦種該当艦は艦娘名一覧(艦種別)で確認を。
      艦名記載は、その値が適用される一番下の改造段階が基準。
    装備基本値
    FR-1 Fireball火力雷装対空対潜索敵装甲回避射程命中累積
    21131-
    単体ボーナス↓加算値
    装備対象艦火力雷装対空対潜索敵装甲回避射程命中累積
    FR-1 FireballGambier Bay+3+2+3
    Intrepid+2+1+1
    Saratoga
    Hornet
    Ark Royal
    Victorious
    +1+1
    ※装備ボーナスのある他装備の一覧はこちら
  • 艦戦の装備ボーナスによる対空値上昇は制空値・艦隊防空値のどちらにも反映されないとみられる。

性能比較表(装備最大値/艦戦上位早見表/テーブルより転送)

長いので折りたたみ

装備名対空対潜索敵命中回避火力装甲半径国籍入手方法改修備考追加
震電改152イベント-編集
試製 陣風13115ランキング-一部日本艦に装備ボーナス編集
烈風改二132115イベント-一航戦に装備ボーナス編集
烈風改二戊型(一航戦/熟練)121326イベント-夜戦、一航戦に装備ボーナス編集
烈風改二戊型111225イベント-夜戦、一航戦に装備ボーナス編集
烈風 一一型125任務、イベント、ランキング-編集
烈風(六〇一空)11125任務、イベント、ランキング編集
烈風改(試製艦載型)1023114イベント-一航戦に装備ボーナス編集
試製烈風 後期型105開発、初期装備-編集
紫電改四101314イベント、ランキング、改修鈴谷航改二熊野航改二龍鳳改二戊/改二に装備ボーナス編集
紫電改二933開発、任務編集
零式艦戦53型(岩本隊)123246任務編集
零戦52型丙(付岩井小隊)101126任務編集
零戦52型丙(六〇一空)9116初期任務、ランキング編集
零式艦戦52型(熟練)91126任務編集
零式艦戦32型(熟練)8145改修任務編集
零戦21型(付岩本小隊)91137任務編集
零式艦戦21型(熟練)81227初期装備任務編集
Fw190 A-5改(熟練)111324イベント-編集
Fw190T改10223初期装備、イベント-編集
Bf109T改8412初期装備、イベント-編集
Re.2005 改11313イベント、改修-AquilaGraf Zeppelinに装備ボーナス編集
Re.2001 OR改6234初期装備、ランキングAquilaに装備ボーナス編集
XF5U12124イベント、ランキング-IntrepidSaratogaGambier BayHornet加賀に装備ボーナス編集
FR-1 Fireball111325任務-米英空母に装備ボーナス編集
F6F-5N1053335任務、ランキング-夜戦編集
F6F-51011315改修、ランキング編集
F6F-3N842235任務、ランキング-夜戦編集
F6F-3811215初期装備、改修、、ランキング編集
Corsair Mk.II(Ace)1122226イベント米英空母に装備ボーナス編集
Corsair Mk.II101116ランキング、初期装備米英空母に装備ボーナス編集
Seafire Mk.III改912114イベント、改修-編集

小ネタ

  • 元ネタは、アメリカ海軍が開発していた艦上戦闘攻撃機「ライアンXFR-1」。愛称は「ファイアボール」(火の玉や流れ星などの意味)。残念なことにルイージからの投擲はできない

  • 開発元のライアン・エアロノーティカル社は1927年のチャールズ・リンドバーグの大西洋横断飛行時の乗機「スピリット・オブ・セントルイス」を製造したライアン・エアラインズ社の創業者T・クロード・ライアンがエアラインズ社の経営権を共同経営者に譲渡した後、1934年に改めて自身で興した会社である*1
    • 戦間期・戦中は主にライアンST*2やライアンSCなどの民間用機や観測機などの軽飛行機を製造し、戦後は主にUAVやミサイル、VTOL試作機の分野で活躍することとなった。
      特にBQM-34ファイアービー無人標的機は西側では大ベストセラー機となり、日本でも富士重工でライセンス生産された機体が海上自衛隊のてんりゅう型訓練支援艦に搭載された。
    • 1968年にテレダイングループの傘下に入りテレダイン・ライアンとなったが、1999年にノースロップ・グラマン社に吸収される。
      現在もノースロップ・グラマンの各種UAVの中にライアン社の無人航空機技術の遺産は受け継がれている。

  • 1940年代、次代の航空機として各国はジェットエンジンに興味を示していた。アメリカ海軍も例外ではなかったが、ガスタービンの根本の問題として燃料を常時バカ食いするのと推力の急激な変更ができない2つの問題点があった。なおこれは現代でも同じであり、機体を大型化して大量の燃料を積み、急な推力向上が必要なら燃料をドブに捨てるようにしてアフターバーナーを炊くしかない。
  • ジェットエンジンだけで離陸するならばゆっくりと推力をあげていって長距離を滑走して十分な推力と速度がついた時点で離陸するが陸上基地ではよくても空母では使い物にならないのだ。
    • また燃費の問題も陸上なら大量の燃料を搭載した大型の機体でも問題はないが、空母の狭い格納庫では大問題であった。
      • なお、この問題は空母を超大型化して大型機を運用することで最終的に解決された。
  • なおレシプロエンジンとの比較であるが、実用に使われた最大の航空機用レシプロエンジンのR-4360とヘリコプター用のライカミングT-55はほぼ同等の出力だが、重量は1.7tにたいし380kg程度と重量に厳しい制限がある航空機用分野でレシプロエンジンが戦後追い出されたのは当然といえよう。
    • 航空機ほど重量軽減を要求されない分野ではガスタービンの燃費の悪さは許容できず、船舶では最大10万馬力にも到達する超大型ディーゼルエンジンが使用されている。
  • 1942年12月アメリカ海軍は9社に対し、新型ジェット戦闘機の要求を提出、発艦のための加速と燃費のためのレシプロエンジンと、戦闘時や上昇時等必要な時にはジェットエンジンの両方を装備することを要求、またこの時期の戦闘機では当然だが爆弾搭載も要求された。
    • 現代の戦闘機では考えられないことだが、当時の軍用航空エンジンは「速度を増しても推力が減らず、高速機に仕上げやすいが、そもそもの推力が小さく信頼性がイマイチで燃費も悪いジェットエンジン」と「超高速域だとプロペラ効率が低下して推力が落ち込むが、信頼性が高くジェットより低速での推力と燃費とに優れるレシプロエンジン」が共存しており、それぞれの利点を拾うべくレシプロ・ジェット両方を動力として採用するのはFR-1以外でも試されているアイデアである。一方ソ連は「レシプロとロケットの併用」というFR-1以上にけったいな戦闘機を試作していた。
    • 9社の中からライアン社の案が選ばれた。ライアン社はこれ以前海軍に練習機しか納入したことがなく、選ばれた理由は、他の会社は既存兵器の生産と新型機の開発でいっぱいであり、手があいてるライアン社ならば既存兵器の生産と新型機の開発に影響がでないからであり、アメリカ海軍の期待がどのあたりだったかがわかる。
  • 海軍は3機のXFR-1を1943年11月に発注、1944年6月25日に初飛行だがこのときはまだジェットエンジンは装備されておらずレシプロエンジンのみであった。
    同年9月22日にジェットエンジンを装備した機体が初飛行。このあたりからトラブルが発生し始める。飛行機は主翼が作り出す揚力の中心と重心が一致しないと空中で極めて不安定になるのだが、レシプロエンジンとジェットエンジンを両方を装備したところ重心の位置が変わってしまう。また練習機メーカーが戦闘機をはじめてつくる経験のなさからか主翼の強度が不足、急降下からの引き起こし時に空中分解をおこしテストパイロットが殉職。この事故の後主翼は強化されたがやはり機体強度は最後まで不足していたのであった。
  • 開発がはじまったばかりの1943年12月に海軍はライアン社に100機を発注、1945年1月31日にさらに追加で600機が発注され1945年3月から納入が開始されたが1945年8月に戦争は終わり、追加分はキャンセル初回の発注も66機で残りはキャンセルされ11月に最終機が納入された。
  • 配備先はVF-66のみであり、画像もVF-66がモデルである。VF-66は45年3月から10月までであり、その後FR-1が全機退役する1947年8月まではVF-41、その後はVF-1Eに改編される。
    • FR-1は護衛空母で運用試験が行われたが、機体重量が大きく発艦にはカタパルトが必要であった。この時代の油圧式カタパルトは一度使うと次までに時間が必要なため、敵機迎撃の緊急発進も想定される戦闘機としては護衛空母向きではなかったと言える。
    • また練習機メーカーの戦闘機だからか空母への繰り返しの着艦に耐える強度がないことが判明。5G以上の機動を制限された。
    • だが1946年6月3日、VF-41飛行長ジョン・F・グレイ機がバレルロール中に主翼が分解、下方にいたJ・C・ウエスト少尉機に衝突、両名とも殉職。
  • 強度が空母で使用する基準を満たさず、さらにFH ファントムといった純ジェット機が空母から離着艦するようになれば混合動力機の居場所はなくなる。
    • 機首のレシプロエンジンをターボプロップエンジンに換装した性能向上型の「ライアンXF2R-1 ダークシャーク」も試作されていたが、開発は途中でキャンセルされた。

  • Gambier Bayっぽい妖精さんがいる、もちろんMk.II衣装。

この装備についてのコメント


*1 なお、「スピリット・オブ・セントルイス」開発時にはライアン自身は会社の経営権を既に手放していて、全くのノータッチであった
*2 日本では2015年に俳優のハリソン・フォードの所有する機体がゴルフ場に不時着した事で有名