涼波

Cached: 2021-10-23 04:06:30 Last-modified: 2021-10-18 (月) 19:47:58
No.475
涼波(すずなみ)夕雲型 10番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久16火力10 / 32
装甲6 / 19雷装24 / 69
回避42 / 74対空12 / 41
搭載0対潜24 / 55
速力高速索敵9 / 22
射程6 / 46
最大消費量
燃料15弾薬20
装備
12.7cm連装砲
25mm連装機銃
装備不可
装備不可
改造チャート
涼波涼波改(Lv30)
図鑑説明
夕雲型駆逐艦十番艦、涼波さ!
同じ夕雲型の藤波、早波、そして玉波と、最初の第三二駆逐隊を編成したよ。
最新鋭艦隊型駆逐艦として、栄光の二水戦に配属されたんだ。
ラバウルねー、あそこは……うちらの縄張りだけどさ、危ないね。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:石橋桃、イラストレーター:藤川 (クリックするとセリフ一覧が開きます)

CV:石橋桃、イラストレーター:藤川

定型ボイス一覧

イベントセリフ改装段階備考追加


 


追加
入手/ログインお疲れっ! あたし、涼波。夕雲型の十番艦よ。
藤波、早波、待たせたわね! 提督、スズでいいよ。
これからよろしくお願いね!
×編集
お疲れっ! 夕雲型の十番艦、涼波。ばっちりさ!
藤波、早波、……うん、元気だな! よしよし。
さあ、提督、ラバウル方面なら付き合うぜ。置いてくなよ?
×編集
母港*1編集
母港1詳細何、あたし? ラバウル行き?×編集
スズの出番? じゃ、やるしかないさ!×編集
母港2あそこ、結構危ないよ?……海も……空も。×編集
ラバウル? 結構危ないよ。……海も……空も。×編集
母港3なぁに、藤、いきなり甘えてくるなぁ。あはっ、早も。そんでもう一人……もう一人? 
提督! あんた何やってんの!? いきなり甘えんなって! ……はぁ、油断もスキもなーい!
編集
ケッコンカッコカリ提督、なにさ? スズになんか用? こう見えても二水戦、結構忙しいんだけど。
……あれ、これって。……本気? あっひゃー、参ったなあ。でも……秒で受け取りますわ!
編集
ケッコン後母港提督、どうした? ラバウルで朝食かい? でも、気をつけないと。湾内で気を抜いちゃダメさ。
……今は、提督がスズを守ってくれる……って、それは……嬉しい、かな……。
編集
放置時うん? どうした、早。お前の大事な姉ちゃんは、藤の字だろう? ……なーんか最近妙に甘えるねえ。ま、久しぶりだから? まあいっかぁ! 
……おっと、提督はこの距離でよろしく? いいじゃんいいじゃんしばらくは! 距離感大事!
編集
編成出撃編集
編成32駆、出るよ! 藤、早、遅れるな! さ、抜錨だ!編集
出撃32駆、出るよ! 藤、早、遅れるな! さ、抜錨だ!編集
旗艦はこのスズにお任せ! こう見えたって二水戦だ、むざむざやられるもんか! 出撃だ!編集
開戦・攻撃*2編集
戦闘1昼戦開始敵だ! やるぞ! 夕雲型の力、見せてやる!編集
戦闘2昼戦攻撃やらせるかよっ! 撃てっ!編集
戦闘3夜戦開始夜戦だ! 能代さん、見ててください! スズはやりますよ!編集
戦闘4夜戦攻撃負けるかっ!編集
戦闘時ステータス*3編集
小破があっ!?編集
食らった、どこ!?編集
中破/大破うああああっ!? 誘爆回避! 魚雷投棄だ、急げ! 今度は沈むかって!編集
轟沈今度は十分活躍したから……ちったあマシ、かな。……藤、早、元気でな……。こっちにゃ……来るな、よ……編集
戦闘終了*4編集
勝利MVPお。おお~! スズが一番働いたってぇ!? あははいやぁ参ったなあ! どうさ藤、早、見てたか!?編集
旗艦大破編集
装備・改修*5編集
装備1改修/改造うん! いい装備だ!×編集
うん、いいね! こういうの欲しかった!×編集
装備2大事だよね、うん。編集
装備3改修/改造/開発/バケツ/遠征/発見まあ、敵機がいなけりゃ、ご機嫌かな!編集
その他編集
帰投はぁー、無事に帰ってこれたー! よかったよかった!編集
編集
補給ん! いただきました!編集
編集
入渠(小破以下)かすり傷だから、すぐ戻るさ。編集
入渠(中破以上)けっこうやられた。長くかかったら、ゴメン。編集
建造完了新しい子、出来たってさ!編集
戦績表示情報? 待ってて、あたしが。……これでいい? うん!編集

各ボイス項目の詳しい説明はこちらをご覧ください


時報ボイス一覧

時刻セリフ改装段階備考追加


 
追加
00そっか、あたし今日、秘書艦担当だ。つーわけで提督、そういうことで。時間? 丁度、零時ってわけ!×編集
01マルヒトマルマル。ん。提督、書類処理、進んでる? 各駆逐隊の分は、こっちで全部終わらせといたよ。×編集
02マルフタマルマル。ん。まだまだあんねぇ書類。おわー、重い系ね。越権だけど、あたし回してもらってもいいよ。×編集
03マルサンマルマル! うん、二人でやれば早い早い! ガンガンいけるねー。ちょっちだけ、休憩いれよっか?×編集
04マルヨンマルマル。あ、提督、お茶。ちょっちだけ濃い目にしといたよ? 目が覚めるよね!×編集
05マルゴーマルマル。あ、提督、ヤバ。もうすぐ朝だ。朝風呂、入ってきなよ。残り全部、仕上げておくって!×編集
06お、提督、さわやかじゃん! んじゃ、行くよ! マルロクマルマル! 艦隊、総員起こーし! 朝だっ!×編集
07マルナナマルマル! さてさて、朝飯はどうする? ラバウルで朝食と洒落込みますか! 対空警戒は、厳に!×編集
08マルハチマルマル! 提督、朝飯、足りた? そ? 良かった! 
じゃあ残りの麦飯は、菜っ葉混ぜて握り飯をしておくよ。ちょっと塩濃いめで、海で食うとうまいんだこれが!
×編集
09マルキューマルマ……お! 藤! 早! 準備早いなぁ。結構! じゃあ32駆、朝の演習と行っきましょうか!×編集
10ヒトマルマルマル! まだ、玉の奴が来てないかなぁ。全員集合、ってわけじゃないけどさ。ま、追っかけ来るだろ。×編集
11ヒトヒトマルマル。ん、提督、午前中は軽くこんなもんでいいかな。一旦湾内に戻りますか。そろそろお昼だし!×編集
12ヒトフタマルマル! さ、お昼お昼! スズ特製のおにぎり、混ぜた菜っ葉がいい味出してるから! 
そして、これ! ラバウル自家栽培の野菜を使った味噌汁! 最高っしょ!?
×編集
13ヒトサンマルマル。スズのラバウル湾特製昼食はどうだった? このラバウル自家栽培の貴重な野菜がありがたいよねー! 
お味噌汁やかんにあるから、勝手におかわりしていいよ?
×編集
14ヒトヨンマ、ん……あれは……能代さん! お疲れさまです! はい、二水戦、32駆、涼波。健在です! もちろん!×編集
15ヒトゴーマルマル。うん、味方の泊地でも、前線では気を抜けないよ? 対潜警戒は勿論、空への警戒は……最重要。×編集
16ヒトロクマルマル。浜波? ああうん、ゴメン。前はね、会えてないんだ。だから、早く会いたい! なあ早、どんな子?×編集
17ヒトナナマルマル。……うん、日が沈むね。赤くて……綺麗だ。×編集
18ヒトハチマルマル。さ、提督。夕食は何が食べたい? ん?×編集
19ヒトキューマルマル。提督、ご希望のスズ特製のラバウルおでんだよ! 
ラバウルで採れた貴重な野菜、そしてこの辺で獲った魚の練り物! 熱燗でキューっとやりたいでしょう!
編集
20フタマルマル……お、誰か来たみたいよ? はーい、誰? ……君は……浜波? 君が浜か! 差し入れ? うん、ありがとう!×編集
21フタヒトマルマル! まあまあ入って入って! 早から聞いてたのとちょーっと雰囲気違うけど、いいじゃん!×編集
22フタフタマルマル。浜の差し入れのおかずもおいしいなあ! 提督のお酒も、進んじゃうねえ! あんま飲んだら駄目だよ?×編集
23フタサンマルマル。うん、提督、今日もお疲れだったね。明日も頑張っていこう! ……ん。休めるときに、休んでね。×編集


季節ボイス一覧


イベントセリフ改装段階備考追加


 


追加
桃の節句編集
春の訪れ編集
ホワイトデー編集
編集
春本番編集
梅雨なーんか内地のこの季節は、じめじめとするねー。
……あっ、早、何作ってるの? 呪いの人形? ……ああ、てるてる坊主か! いいねえ!
編集
初夏やっぱ、ここでも夏は暑いかぁ。脱ぎたくなるけど、そうもいかねえし。
……やっぱ、ここはあれか。防暑衣か。
編集
防暑衣っつーかなんつーか……えへへ、やっちまった。
提督、藤、早、どっかな? ……悪くはない? あっ、涼しくていいぜ!
編集
編集
盛夏編集
夏祭り編集
あたしね……秋はなんだか嫌なんだけどさ。
だけど……ここの秋は、いいね! この匂い……たまんないね! 屋台?
編集
秋刀魚編集
晩秋編集
ハロウィン編集
秋のワイン編集
編集
師走編集
クリスマス編集
年末編集
新年編集
節分編集
バレンタイン編集

八周年記念×編集



イベント名編集


内容編集


ゲームにおいて

  • 2021/05/21実装。
    • 初登場イベント『激突!ルンガ沖夜戦』ではE-4でドロップした。
    • 同イベント前段作戦にて姉妹艦巻波も実装されている。
      • 同一イベントで夕雲型駆逐艦が複数実装されたのは2014年夏イベント『AL作戦 / MI作戦』の早霜清霜以来。
      • 彼女の実装により、夕雲型の未実装艦は7~9番艦の「大波」「玉波」「清波」を残すのみとなった。
  • 艦歴の短さ*6からか、運の初期値が6と夕雲型の中で一番低い。
    この値は駆逐艦全体で見ても狭霧山風峯雲Z1Z3と並ぶワースト1。うち、狭霧・山風は...
  • 同郷の涼風*7との取り違え注意。流石に涼月と取り違えることは少ないだろうが…
  • 32駆逐隊所属艦としては4人目の実装。既に藤波早波浜波が実装されている。ただ、史実では「浜波」編入前に涼波は喪われ、このことは時報でも触れられている。
    • 実は1年半前に実装された早波の放置ボイスで言及されていた。このセリフは涼波の最期に関わるもので、初代32駆司令駆逐艦だった早波にとって一種のトラウマになっていたようだ。

キャラクター設定について

  • 巻波と同様、おでこを出している。
  • わりとサバサバした感じの子。愛称「スズ」。
    • 藤波を「藤」「藤の字」、早波を「早」と呼ぶ。
    • 同系統の娘に有明らが挙げられるが、彼女らと異なり秘書艦業務も有能。

期間限定グラフィック

  • 2021年7月15日のアップデートで【水着mode】が実装された。
    • 中破時はそこまで目立たなかったが、素の状態で谷間が出来るほどの胸部装甲を持つことが判明した。普段はスポーツブラで抑えていたのだろうか……。
      勿論水着中破時も腕の隙間から丸みが確認できる。

    限定グラフィック:水着mode

    限定グラフィック:水着mode

小ネタ

略歴

略歴

19423.27浦賀船渠で起工(マル4計画仮称126号艦)
19432.5同じ浦賀船渠で建造の福江と同時に「涼波」と命名、一等駆逐艦夕雲型に類別
3.12進水
6.30浦賀船渠に涼波艤装員事務所を開設。神山昌雄中佐(海兵58期)*8を7.1に涼波艤装員長に任命。
7.27竣工、神山中佐(涼波艤装員長)はそのまま巻涼波駆逐艦長に就任。舞鶴鎮守府籍。浦賀を発ち横須賀で出動準備を終え第十一水雷戦隊に編入。瀬戸内海へ移動。同時に藤波早波も11水戦に編入。
8.20涼波・藤波早波により11水戦隷下に第32駆逐隊を編制。中原義一郎大佐(夕立初代艦長、時津風初代艦長、第24駆逐隊司令を歴任)(海兵48期)を司令に任命、司令駆逐艦を早波とする。引き続き11水戦隷下にて戦艦等の前路警戒や訓練に従事。
9.3032駆は第二艦隊第二水雷戦隊(旗艦能代)に編入。但し、引き続き軍隊区分丁三号輸送部隊により11水戦指揮下。10.1付で二水戦付の玉波を32駆に編入(当時玉波は隼鷹木曾多摩と護衛しトラック諸島から呉に移動中。折返し隼鷹・雲鷹・と佐伯からトラック諸島へ。10.19着。)
10.15「丁三号輸送部隊」(山城伊勢龍田・32駆)佐伯及び豊後水道を出撃(10.20、トラック諸島着)
10.2032駆はトラック諸島にて玉波と合流
11.5米第38任務部隊(Saratoga・Princeton等)艦載機により第1次ラバウル空襲。
11.11米第38任務部隊(Saratoga・Princeton等)及び第50.3任務部隊(Essex・Bunker Hill・Independence等)艦載機により第2次ラバウル空襲にて涼波戦没。生存者は31駆司令駆逐艦・大波により助けられた。他、この空襲にて阿賀野長波も損傷。
12.1532駆に浜波(11水戦)を編入。
19441.5除籍。

艦長

艦長

艦長氏名(期)
配属期間
他の経歴・小ネタ
第1代神山昌雄中佐(海兵58期)
1943.7.1~7.27(艤装員長)
1943.7.27~11.11(艦長)
第13掃海艇長・愛宕水雷長。涼風駆逐艦長で開戦を迎える。春雨駆逐艦長として第三次ソロモン海戦に参戦。涼波艦長となり1943.11.11のラバウル空襲*9にて戦死。大佐特進。
  • 夕雲型駆逐艦の10番艦。マル4計画仮称126号艦として浦賀船渠にて建造され1943年7月27日竣工。
    • 夕雲型駆逐艦のうち、浦賀船渠で建造された艦は風雲高波・清波・岸波清霜と彼女の6隻。竣工時点で高波・清波は戦没*10し、岸波就役前に涼波も戦没している。唯一艦歴の重なる風雲とはラバウル空襲間際の時期に数日顔を合わせた程度の面識でしかない。(但し、風雲は10戦隊、涼波は二水戦所属。)

生涯

  • 竣工した涼波は、この頃の新造駆逐艦たちの例にもれず、訓練部隊である第十一水雷戦隊に所属、同時期に編入された姉妹艦藤波早波らと共に瀬戸内海で訓練を重ねている。(彼女の3月半という短い生涯については僚艦藤波の小ネタも参照されたし)
    • 訓練のさなか、涼波らは戦艦3隻(大和長門扶桑)を含む主力部隊のトラック泊地進出の際、前路哨戒に従事したり、戦艦山城の瀬戸内海回航の護衛を行ったりもしている。
      そしてこの間の8月20日、涼波、藤波、早波で第三十二駆逐隊を編成する。司令には夕立時津風の初代艦長を務めた中原義一郎大佐が就任した。
  • 9月末、日本海軍は山城、伊勢および第十一水雷戦隊で「丁三号輸送部隊」を編成、カロリン諸島ポナペ島へ陸軍の甲支隊*11の一部を輸送する事になった。9月30日付で第三十二駆逐隊は第二水雷戦隊に配属となっていたが、引き続き第十一水雷戦隊の下で活動しており、涼波もこの作戦に参加する。
    • 10月15日、本土を出撃した輸送部隊は、支隊本部の一部と陸軍兵約2000名および同行の海軍第一通信隊を乗せ、トラック諸島に向かう。20日に到着した。ここで戦艦搭載の物資を他艦に移載し、ポナペ島へ三度にわたり輸送を実施する。
      輸送自体は無事に終わり、輸送部隊は28日に解隊。第十一水雷戦隊は本土に戻る隼鷹らを護衛して帰還し、第三十二駆逐隊は漸く第二水雷戦隊に合流する。
    • なお、この作戦の準備中だった10月1日、姉である駆逐艦玉波が第三十二駆逐隊に配属となり4隻体制となる。しかしこの時点で玉波は隼鷹と共に本土とトラックの間を往復して輸送任務に従事しており、丁三号輸送部隊には未参加だった。玉波らは同部隊の1日前にトラックに到着、その後トラックに到着した第三十二駆逐隊に合流した。
  • 11月3日、第三十二駆逐隊の4隻は二水戦旗艦能代と共にトラックを出撃、栗田健男中将指揮する第二艦隊の重巡部隊と共にラバウルに向かう。その際、油槽船「日章丸」(当時他の油槽船と共に島風天津風の護衛を受け航行していた)が敵機の空襲を受け損傷、涼波は重巡鳥海と共に救援に赴く。
    • 現地に到着した涼波は、偶々通りかかった第五戦隊の重巡妙高羽黒*12の応援もあり救援作業を予定よりも早く済ませる事が出来た*13。そのため涼波と鳥海は本隊に合流するためラバウルへと向かうのだが、10月5日、ラバウルに到着した第二艦隊は直後に米艦載機による大空襲を受けてしまう。米空母Saratoga、軽空母プリンストンによる「ラバウル空襲」である。
      • この空襲で到着早々に大損害を受けた第二艦隊は損害を受けた摩耶と二水戦を除き、空襲を避けるためトラック諸島にとんぼ返りとなり、向かっていた鳥海と涼波にもトラックへの帰還が指示される。一度はトラックに戻った涼波だが、ラバウルに残った二水戦が「ろ号作戦」に備えて第一襲撃部隊を編成、涼波もこれに参加するべくラバウルに向けて出撃、重巡部隊が撤退する中を涼波単艦で危険なラバウルに舞い戻り9日に無事に到着する。

涼波の最期

涼波の最期

  • しかし、これが涼波の最期の航海となった。二日後の11日、5日の大戦果に気をよくした南太平洋軍司令官ハルゼー大将は、戦果の拡大を狙って空母部隊の増派を要請する。これを受けて太平洋艦隊司令長官ニミッツ大将は第50.3任務部隊*14を派遣する。そしてソロモン諸島より出撃した陸軍B24爆撃機の編隊もこれに加わり、ラバウルへの二度目の大規模空襲を敢行する。
    • 偵察機により通報を受けた二水戦は直ちに退避行動を開始する。涼波も北水道を通り港外への脱出を始めたが、それよりも早くに米軍機が襲来する。
      まず花咲山方面から襲来する敵機1機を涼波は撃墜するが、これが同艦最初で最後の戦果となった。程なく別の雷撃機の編隊が襲来し魚雷4本を投下、最初の3本を躱すことまでは出来たが、最後の1本が一番魚雷発射管付近に命中し火災が発生、艦長も戦死してしまう。更に空襲が続き爆弾1発が後部電信室付近に命中。7時21分頃、火災が一番魚雷発射管内の魚雷に引火し誘爆、この大爆発で船体が切断され涼波は1分で沈没、艦長他約100名*15が戦死し、生存者は姉の駆逐艦大波に救助された。
      • 因みに涼波生存者を救助した大波の艦長は吉川潔中佐。第三次ソロモン海戦第一夜戦で夕立艦長として大活躍した人物だった。そして涼波艦長として戦い、艦と共に戦死した神山昌雄中佐も第三次ソロモン海戦第一夜戦では春雨艦長として夕立と第二駆逐隊第二小隊を組み、序盤を共に戦った仲だった(但し海戦では乱戦の中先頭を行く夕立を見失ったため、彼女の反転突入、そして無双には加われなかった)。
    • 1944年1月5日除籍。

戦後

戦後

  • 涼波の艦名は夕雲型駆逐艦の涼波1代限り。「すずなみ」としてたかなみ型護衛艦に継承されている。涼波から数えて2代目となる。DD-114*16
    • たかなみ型護衛艦の艦名の祖先となる艦娘としては、ネームシップのたかなみと4番艦さざなみの2隻のみの状態だったが、今回のイベントで「まきなみ」の祖先となる巻波、「すずなみ」の祖先となる涼波が同時期に実装。残すは2番艦「おおなみ」のみとなった。
    • 「おおなみ」の祖先となる「大波」は涼波の最期に関わる艦というだけでなく、大波艦長・涼波艦長の前任艦がそれぞれ夕立春雨の第三次ソロモン海戦ペアでもある。
    • たかなみ型護衛艦全5隻のうち、「すずなみ」のみ涼波から数えて2代目。たかなみ型護衛艦1~3番艦「たかなみ」「おおなみ」「まきなみ」には海自艦あやなみ型護衛艦の2代目も存在するため現役の3隻は3代目となる。
    • 「すずなみ」は現在第3護衛隊群第7護衛隊(大湊)所属。僚艦は「ゆうだち」「まきなみ」「しらぬい」。

この艦娘についてのコメント

ドロップ祈願や海域攻略祈願のために、wiki内神社というページが設置されました!ぜひご利用ください。


*1 母港ボイスは各艦娘につき3つ割り当てられています。「詳細」ボイスは編成画面の「詳細」ボタンをクリックすることで聞くことが出来るボイスです。母港画面でも聞くことが出来ます。「母港3」ボイスは「母港画面でのクリック」もしくは「母港画面への遷移」でのみ聞くことが出来る、いわゆる「提督お触りボイス」です。編成画面での「詳細」ボタンでは聞くことが出来ません
*2 4つの基本ボイス(昼戦開始・昼戦攻撃・夜戦開始・夜戦攻撃)がありますが、各ボイスはその他の色々な場面でも使われます。各ボイスをどのフェーズ(航空戦/開幕雷撃/先制対潜/昼戦攻撃/各種CI...など)に割り当てるかは艦娘によって異なり、例えば開戦ボイスを攻撃でも使ったり、夜戦攻撃ボイスを昼戦でも使ったりします)
*3 「小破」ボイスの2つ目と戦闘撤退時の「旗艦大破」ボイスは共用化されています
*4 「小破」ボイスの2つ目と戦闘撤退時の「旗艦大破」ボイスは共用化されています
*5 装備ボイスは3ボイスありますが、改修/改造ボイスと共用化されています。また、ボイス3は「改修/改造」「開発」「バケツによる即時修復」「遠征出撃」「アイテム発見」ボイスと共用化されています
*6 最短は同郷の「高波」だが、あちらはルンガ沖夜戦の武勲補正で若干ながら運が涼波より高い
*7 イベントモチーフの「ルンガ沖夜戦」史実艦
*8 第3次ソロモン海戦時の春雨駆逐艦長
*9 救助にあたった「大波」駆逐艦長は、第三次ソロモン海戦時「春雨」の僚艦であった「夕立」の吉川潔中佐
*10 高波は42.11.30のルンガ沖夜戦、清波は43.7.20のコロンバンガラ島への輸送作戦で夕暮と同日戦没。涼波就役の1週間前で、涼波就役当日に三日月有明が戦没している。
*11 第52師団隷下の歩兵第107連隊を基幹に、同師団の砲兵連隊の一部などを分属させた臨時の部隊。実質的な「海上機動旅団」
*12 二隻は2日に発生したブーゲンビル島沖海戦で損傷しトラックに帰還する途中だった
*13 元々トラックに戻る予定だった第五戦隊が日章丸曳航を請け負ってくれたため
*14 空母「エセックス」「バンカー・ヒル」軽空母「インディペンデンス」基幹
*15 書籍によっては戦死209名とするものもある
*16 先代の「DD-114」はやまぐも型護衛艦「まきぐも」