Swordfish Mk.II(熟練)

Cached: 2021-03-03 22:56:00 Last-modified: 2021-02-14 (日) 16:27:39
No.243
Swordfish Mk.II(熟練)艦上攻撃機
装備ステータス
火力+3雷装+5
爆装対空
対潜+6索敵+2
命中+3回避
戦闘行動半径3
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
2017年6月作戦報酬
2017年夏イベントE-3甲作戦、E-7乙作戦突破報酬
任務「精鋭複葉機飛行隊の編成」確定報酬
改修更新
Swordfish*1 Swordfish Mk.II(熟練)
複葉非全金属仕様の旧世代低速機でありながら、高い信頼性と運用性、優れた運動性を誇る、
メカジキの名を持つ紅茶の国の艦上攻撃機。
「Ark Royal」搭載機が戦艦「Bismarck」と英艦隊との激闘で大殊勲となる一撃を放つなど、
旧式ながら赫々たる戦果をおさめた傑作機、その改良機を駆る精鋭複葉艦攻隊です。

ゲームにおいて

装備ボーナスについて

  • 特定艦に装備した時、パラメータが更に変化する装備ボーナスがある。(2021/02/05追加)
    • 搭載一個ごとの単体ボーナスは、装備数を増やせば累積する。
    • 他装備とのボーナスを持つ場合、それもまた別に計算される。
    • 対象艦と各ボーナス値は下表の通り。艦種該当艦は艦娘名一覧(艦種別)で確認を。
      艦名記載は、その値が適用される一番下の改造段階が基準。
    装備1対象艦加算値累積
    火力雷装対空対潜索敵装甲回避射程命中
    Swordfish Mk.II(熟練)
    (基本値)
    -35623-
    単体ボーナス↓
    Swordfish Mk.II(熟練)Ark Royal+3+1?
    鳳翔+2?
    ※装備ボーナスのある他装備の一覧はこちら

性能比較表(装備最大値/艦攻上位早見表/テーブルより転送)

長いので折りたたんでいます

装備名火力雷装爆装対空対潜索敵命中回避触接*2砲撃戦
威力
半径射撃
回避
入手方法改修備考追加
流星改(一航戦/熟練)15376217%22.56任務、ランキング先制対潜トリガー装備、一航戦改/五航戦改二に装備ボーナス有編集
流星改(一航戦)142641216任務、イベント、ランキング一航戦改/五航戦改二に装備ボーナス有編集
流星改1313219.56開発赤城改、加賀改、大鳳改に装備ボーナス編集
流星(六〇一空)1353119.56初期装備、イベント、ランキング編集
流星10141156開発、初期装備赤城改、加賀改、大鳳改に装備ボーナス編集
天山一二型甲改
(熟練/空六号電探改装備機)
13176217%19.56ランキング夜攻, 先制対潜トリガー装備
翔鶴型改二(甲)、大鳳改、瑞鳳改二(乙)、龍鳳改、最上型航改二、千歳型航改二、飛鷹改、隼鷹改二、祥鳳改に装備ボーナス
編集
天山一二型甲改
(空六号電探改装備機)
11165116.55改修、任務、ランキング夜攻
翔鶴型、大鳳、祥鳳型、龍鳳、最上型航改二、千歳型航、飛鷹型に装備ボーナス
編集
天山一二型甲914213.55改修翔鶴型、大鳳、祥鳳型、龍鳳、千歳型航、飛鷹型に装備ボーナス編集
天山一二型(友永隊)14165320%215任務、改修二航戦改二に装備ボーナス有編集
天山(村田隊)15164217%22.55任務、イベント一航戦改/五航戦/龍驤改二に装備ボーナス有編集
天山(六〇一空)10421155初期装備、イベント、ランキング編集
天山(九三一空)98213.55初期装備、ランキング先制対潜トリガー装備編集
九七式艦攻改(熟練)
試製三号戊型
(空六号電探改装備機)
975217%13.54改修、ランキング夜攻,先制対潜トリガー装備、龍鳳改/瑞鳳改二(乙)/祥鳳改/赤城改二戊に装備ボーナス有編集
九七式艦攻改
試製三号戊型
(空六号電探改装備機)
764110.54改修、ランキング夜攻、龍鳳改/瑞鳳改二(乙)/祥鳳改/赤城改二戊に装備ボーナス有編集
九七式艦攻(村田隊)12154217%184任務、イベント一航戦改/五航戦/龍驤改二に装備ボーナス有編集
九七式艦攻(友永隊)11154320%16.54初期装備二航戦に装備ボーナス有編集
九七式艦攻(九三一空/熟練)8932117%124イベント先制対潜トリガー装備,大鷹/神鷹に装備ボーナス有編集
九七式艦攻(熟練)852217%124初期装備編集
九七式艦攻(九三一空)67294初期装備、ランキング、改修先制対潜トリガー装備,大鷹/神鷹に装備ボーナス有編集
Re.2001 G改344210.53初期装備Aquilaに装備ボーナス有編集
TBM-3W+3S31071310320%335任務夜攻,先制対潜トリガー装備
赤城改二/戊、加賀改二/戊/護、米空母に装備ボーナス
編集
TBM-3D29184217%16.56任務、イベント夜攻,先制対潜トリガー装備編集
TBF2916216.56初期装備、任務編集
TBD154294初期装備、イベント、任務編集
Swordfish Mk.III(熟練)48105420%183イベント夜戦攻撃トリガー装備,夜襲CI・夜戦補正有
先制対潜トリガー装備
編集
Swordfish Mk.II(熟練)3562320%123イベント、ランキング、改修夜戦攻撃トリガー装備,夜襲CI・夜戦補正有編集
  • 薄水色は先制対潜装備紺色は夜戦攻撃トリガー装備
  • 砲撃戦威力は、空母の火力や雷装、装備補正値等と合計された後に小数点以下切捨て
  • 航空戦における艦攻・艦爆の威力を比較したい場合には航空戦攻撃力早見表を参考のこと
  • 艦爆・艦攻の支援射撃時の威力を比較したい場合にはこちらの表を参考のこと
  • 制空補助等の比較には制空値早見表を参考のこと
  • 触接判定・補正についてはこちらを参照のこと
  • 射撃回避(敵対空射撃回避)についてはこちらを参照のこと

小ネタ

  • 元ネタは1943年より製造が開始したフェアリー*3 ソードフィッシュMk.IIと思われる。
    • 基本的にはMk.Iと同じだが、主翼下にロケット弾を搭載できるように布張りから金属張りになったのが特徴。
      実は生産開始後まもなくエンジンが変更されているのだが、特に区別はされていない。
  • 発着艦性能が単葉機より優れていたので、低速で飛行甲板の短いMACシップなどにも搭載された。
    • 大西洋で起きる時化のせいで他の艦載機が飛び立てなくても、ソードフィッシュだけは離艦できたという。操縦性もMk.Iと変わらず良好で、低速故に対潜哨戒には向いていたという。
    • ちなみに日本の九六式艦上攻撃機や九六艦上爆撃機も飛行甲板が小さい小型特設空母で対潜任務で使われるなど似たような運用がされていた。
  • Mk.2の生産数は1080機と、ソードフィッシュ全型式の中で最多。
    • 細かい数字は資料により異なるがMk.1が990機前後、Mk.3が320機あまり、総計2400機弱とされる。
  • Mk.2は対潜哨戒のほかにも、魚雷や爆弾を積んでの船団攻撃など幅広い任務に投入されていた。対潜専業となったMk.3との生産数の違いは、この辺りにもあるのかもしれない。

英国面カッコガチ

  • 目的に向けて一点張りし過ぎ、一般常識をどこかに置き忘れた結果生まれる英国面
    数々の変態兵器はたまらない逸品と化し、愛されている。その中でもソードフィッシュこそは英国面の体現者と評するファンは多い。
    • 遅すぎて墜とせない
      • あまりにも遅い飛行速度は、敵戦闘機をして攻撃を極めて困難なものにした。
        なにせ下手すると失速速度より遅く飛ぶのである。
        極端過ぎる速度差は攻撃のチャンスをほとんどゼロにし、なんとか撃墜しようとあらゆる方法で速度を落とすも、下手するとそのまま海面にキスするハメに。
      • 遅すぎる飛行速度は、対空砲火さえも無力化した。
        高射砲が想定した起爆時間よりさらに遅いので、有効レンジ内に捉えられないのだ。
    • 異常なタフさ
      • では機銃なら落とせるかというとそうは問屋が卸さない。
        羽布張りの機体は少々穴が空いても浮力を失わず、仮に火がついても手袋で叩いて消火さえできた。
        ソードフィッシュを落とすには、パイロットかエンジンといった急所以外の攻撃はほとんど意味がなく、百発以上の弾を受けても平然と戻ってきた機体さえあった。
    • 変態的機動力
      • 操縦性がとても素直で、新人パイロットでも乗りこなせた。
        しかも複葉機ならではの旋回性は戦闘機をも上回る機動力を生み出し、狙いをつけるのがとても困難だった。
    • とんでもない整備性
      • 羽布張りなので、それこそテントを縫い合わせる感覚で簡単に補修できた。
        羽布張りなので、補修資材の場所を取らず、大量の予備パーツを用意できた。
        空母の格納庫では穴の空いた機体にパッチを当てるちまちました作業風景がそこかしこで見られたそうな。
      • また、搭載しているブリストル社のペガサスエンジンもポペットバルブを用いた平凡平易な構成で信頼性は高かった。
        以降のブリストル社は燃費・出力の向上を狙ってスリーブバルブに傾倒。
        スリーブバルブ初期作で熟成途上といった感じのトーラスエンジンは不具合がつきまとい、これもまたアルバコアの悪評につながっている。*4
    • ストリングバッグ
      • どんな任務でもそつなくこなす図抜けた汎用性・信頼性は、パイロットたちに「ストリングバッグ(何でも入る、母ちゃんの買い物袋)」と呼ばれ、愛された。
        後に後継機として配備されたアルバコアの駄作ぶりを嘆き「ストリングバッグを返しておくれよ」という替え歌が作られたほどである*5
        そして、歌のせいではないだろうが、アルバコアはソードフィッシュより早く退役してしまうのである……。*6

この装備についてのコメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 輝きそうな秋刀魚イベがないのがね Mk2以上にも秋刀魚特効あるのか知らないけど -- 2020-11-03 (火) 17:50:49
  • アーちゃんに強補正はよ! -- 2020-11-05 (木) 23:00:55
    • 対空強化を付けよう -- 2020-11-08 (日) 12:18:14
  • もともと2個しかなかったノーマルソーフィが任務でコレ1個になった。これで次イベ勝つる。 -- 2020-11-10 (火) 17:49:06
  • たぶん特効つくのかもという期待も含めて、イヤーリーで熟練化してみた。 -- 2020-11-26 (木) 03:15:18
  • 12月のイベントでは特になにも無かった・・・ -- 2020-12-06 (日) 06:17:42
  • 特効付くと信じて熟練2つと無印★10を1つ準備した俺泣いていいっすか? -- 2020-12-11 (金) 22:03:16
  • 2020年ももうすぐ終わるわけだけど、今年のこのソーフィ推しは何だったんだろう。艦攻型・水上機型・水偵型と優先して全部作ったけども -- 2020-12-31 (木) 17:25:18
    • 運営ちゃん「瑞雲推しもそろそろ限界かなぁ・・・あっ!オモシロ飛行機仲間のソードフィッシュくんがおるやんけ!これだ!」 -- 2021-01-28 (木) 23:27:12
  • お、さらに改修可能になるのか -- 2021-02-05 (金) 19:58:17
  • これの改修か。艦攻は雷装上がるんだっけか? -- 2021-02-05 (金) 20:00:51
    • 雷装と対潜が上がるはず -- 2021-02-05 (金) 22:04:08
  • 改修可能、そして割に合わない年一回のMk.Ⅱ入手任務。これはⅢ熟練の入手任務のフラグなのでは…? -- 2021-02-05 (金) 20:15:21
  • ★maxにしてもⅢ熟練には全然及ばんな。でも今年の欧州イベで特攻付く可能性あるから、あるだけ★maxかね。艦攻は数が無いとしょうがないからな。 -- 2021-02-05 (金) 21:40:09
  • 未だに対空射撃回避付かないのか。瑞雲よりよっぽど相応しいだろうに -- 2021-02-05 (金) 22:06:50
  • 今回のメンテで実装されたボーナスが確認できました。アークロイヤルに火力+3、回避+1 鳳翔改に火力+2 -- 2021-02-05 (金) 22:33:29
  • ☆6以降の改修に流星1機必要か。艦載機レシピ回さないと・・・ -- 2021-02-06 (土) 18:55:49
    • 艦これの世界以外で「骨董品にも等しいソードフィッシュを改修するのに、最新艦攻である流星を(おそらくバラバラにして)使う」とかいうとんでもない事例があるだろうか…。 -- 2021-02-14 (日) 10:03:59
      • なぜ開発できるようになったソードフィッシュMk.Iを素材として使わないのか、コレガワカラナイ -- 2021-02-14 (日) 16:14:29
      • スパロボF完のコアブースターみたいに外観はともかく中身は最新鋭だから強いとか、そういうようなこともないよなあ… -- 2021-02-14 (日) 16:27:39
  • 改修日、週3日しかないのかよ。少なすぎだわ。 -- 2021-02-11 (木) 21:44:06
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 熟練搭乗員が1個必要
*2 装備命中+1以下の機体は一律触接補正12%
*3 ただし1941年より既にブラックバーン社に生産ラインが移っていた
*4 スリーブバルブ自体は緻密な工程管理で不具合を克服し、ハーキュリーズ、そしてセントーラスといった大馬力エンジンを生み出すことになる。さらには開発難航していたネイピア社のセイバーエンジンもブリストルのスリーブバルブ技術が入ってなんとか使える物になったのだとか。
*5 元ネタは「マイ・ボニー」というスコットランドの民謡。ビートルズもカバーしているので探せばどんな曲かわかるだろう。その歌がどう変わったのかは是非「世界の駄っ作機」を一読されたし
*6 アルバコアが致命的に駄作というわけではなく、ソードフィッシュが便利過ぎたという事情の方が大きい。イギリスも生産ラインに余裕があるわけではないのだ