長鯨

Cached: 2021-10-22 03:59:08 Last-modified: 2021-10-20 (水) 21:17:47
No.435
長鯨(ちょうげい)迅鯨型 2番艦 潜水母艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久31火力6 / 31
装甲5 / 28雷装0
回避12 / 30対空11 / 33
搭載2対潜0
速力低速索敵20 / 37
射程17 / 77
最大消費量
燃料30弾薬10
搭載装備
114cm連装砲
1未装備
装備不可
装備不可
改造チャート
長鯨長鯨改(Lv47)
図鑑説明
迅鯨型潜水母艦の二番艦、長鯨。迅鯨姉さんの妹です。
少しだけ旧式ですが、最新潜水母艦が空母に改装されたので、最前線の潜水母艦に再配備されました!
潜水母艦として、さらに輸送任務や対空戦闘、戦いが終わった後も大切なお仕事、頑張りました!
姉さん共々、忘れないでね。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:山田美鈴、イラストレーター:赤坂ゆづ(クリックするとセリフ一覧が開きます)

CV:山田美鈴、イラストレーター:赤坂ゆづ

定型ボイス一覧

イベントセリフ改装段階備考追加


 


追加
入手/ログイン提督、迅鯨型潜水母艦二番艦、長鯨です!
いつも姉が大変お世話になっています!
はいっ! 潜水艦のお世話はあたしにお任せですよ?
×編集
提督、迅鯨型潜水母艦二番艦、長鯨、ここです。
今日も姉がホントに大変お世話になっています。
はい!潜水艦のお世話はあたしにどんとお任せおいて。
×編集
母港*1編集
母港1詳細提督っ、おはよっ!今日も準備バッチリよ!編集
編集
母港2潜水艦さん達、今日もいい子でちね~。ん?あれ?姉さんは?まあいっかぁ!編集
編集
母港3ジャガイモよしっ! 人参よしっ! タマネギよしっ! 米よしっ! 燃料よしっ! 魚雷よしっ!よ~しっ!編集
編集
ケッコンカッコカリ提督、どうしましたか? え? あの? 姉さん? 迅鯨姉さん呼んできましょうか? 違うの? あたし? うそ、いいの? 本当に? あ、ありがとう!編集
ケッコン後母港長鯨特製カレー、できたよ。食べる? 人参、じゃがいもたっぷり。貴重な玉ねぎも。ねぇ? 元気出るよ。はい。編集
放置時雪風さん、初霜さん! 元気そうねぇ。よかったぁ! 提督は……、
あぁ! また姉さんのとこぉ? もぉ~! あたし一言いってくるっ!
え? やめた方がいい? なんでぇ?
編集
編成出撃編集
編成第二潜水戦隊、旗艦長鯨、抜錨!みんないい?ついてきてっ!いっくよー!×編集
第七潜水艦隊、旗艦長鯨、抜錨です。みんな、付いてきて。行っくよ~!×編集
出撃第六艦隊、潜水母艦長鯨。出撃します!潜水艦達、用意はい~い?いっきますよ~!編集
編集
開戦・攻撃*2編集
戦闘1昼戦開始敵、発見です! さ、お仕事かかりましょう。みんな、配置について。準備はい~い?編集
編集
戦闘2昼戦攻撃きちゃうのー? って、てー!編集
編集
戦闘3夜戦開始夜は危ないけど、大丈夫?編集
夜は危ないって! でも……いっちゃう? いい!?×編集
戦闘4夜戦攻撃編集
舐めるなっての! 撃ち返して!編集
特殊攻撃【潜水艦隊攻撃】*3編集
号令×艦娘1、艦娘2編集
艦娘1、艦娘2以外編集
戦闘時ステータス*4編集
小破やだぁ~!編集
うわあああっ! マジぃ~!?編集
中破/大破やだぁ~!もぉ~。退避退避~、下がってぇ~!編集
轟沈え……やだ、うそ。あたし、沈むの? そんな……聞いてない! 聞いて、ないよぉ……。編集
戦闘終了*5編集
勝利MVPやったあ、潜水戦隊の勝利!まかせておいてよ! 姉さん、見てた? ほらほらぁ!編集
旗艦大破うわあああっ! マジぃ~!?編集
装備・改修*6編集
装備1改修/改造いいですねー、はいっ!×編集
うん。すっごいいいですね。はい。×編集
装備2よい…しょっ!提督、積みました!編集
編集
装備3改修/改造/開発/バケツ/遠征/発見いっちゃいましょー!編集
編集
その他編集
帰投艦隊、帰港します。みんな、お疲れさま~!編集
補給補給はほんとに大事っ!よーしっ!編集
入渠(小破以下)ごめん、ちょっと直してくるから。編集
編集
入渠(中破以上)うぁちゃ~っ、ごめ~ん!ガッツリ直してくるからー!編集
編集
建造完了新しい子、できたみたい!編集
戦績表示情報ですね、お持ちします。 よいっしょっ……、はいっ!編集

各ボイス項目の詳しい説明はこちらをご覧ください


時報ボイス一覧

時刻セリフ改装段階備考追加


 


追加
00提督、任せておいて。あたし、長鯨がしっかり秘書艦を務めてあげる!潜水母艦の秘書艦、いいでしょう?編集
01マルヒトマルマルです。さあ、まずは残った書類だよね?第六艦隊の分から!任せておいて。編集
02マルフタマルマルです。よし。伊号と呂号関連はこれでおしまい。提督、次は?げぇ。水雷戦隊のかぁ…編集
03マルサンマルマルです。ふあぁ~。やっと書類終わった。ちょっと一休みする?お茶入れるね。待ってて。編集
04提督、お茶もう一杯入れましょうか?はい、了解です。時刻は…今マルヨンマルマル。もうすぐ朝です。編集
05マルゴマルマルです。朝ですね。総員起こしかけますか?ここでは…もう少し後でも?了解です。編集
06マルロクマルマルです。提督、艦隊に総員起こしかけますね。艦隊、総員起こし!朝です!皆さん、起きてください!朝です!うん!いい朝。編集
07マルナナマルマルです。提督、朝食はこちらに。すみません、潜水艦たちと同じものですが、炊きたての銀シャリに、たくあん、そして…はい!長鯨特製の赤味噌のお味噌汁です。豪華にじゃがいも入りです。どうぞ!編集
08マルハチマルマルです。提督、ご飯のおかわりはどうですか?せっかくの銀シャリ、遠慮しないで。ほら!編集
09マルキュマルマルです。姉さんのご飯とどっちが好きですか?…本当に?またまた~。あ、姉さん! 嘘です!編集
10いったーい~。提督、そんなに怒らなくても…軽い冗談なのに…そんなに姉さん怖いんですか?……いやそういうことじゃなくて?ん~…あ、時間は今ヒトマルマルマルです。編集
11ヒトヒトマルマ…あ、酒匂さん!元気?あたしも元気元気!ほら、完全状態!ん、ん~、んんん~♪。あ、よかったらお昼一緒する?おにぎりだけど、いいよね?編集
12ヒトフタマルマル。お昼です。提督、酒匂さん、長鯨特製の塩おにぎりをどうぞ。ね?美味しいよね?シンプルだけど、海の上ではこれが一番。あぁ、お味噌汁!そこのやかんに入ってるから茶碗に入れて飲んで。編集
13提督、お腹いっぱいになった?そう、良かった。食後のお茶、ここに置くね?時間はね…ちょうどヒトサンマルマル。編集
14ヒトヨンマルマルです。この時間っていっつも少し眠くなっちゃうよね?ちょっとだけ、お昼寝しちゃおうか?編集
15ヒトゴマルマ…あぁ、姉さん!お疲れさま~!ん?もちろん元気してます。提督も元気だよ。ほら!編集
16ヒトロクマルマ…え?提督が好きかって?そりゃ好き…なのかな…?好きじゃなきゃ一緒に居れないし…あれ?あれれ?姉さん、なんで複雑な顔してんの?編集
17ヒトナナマルマルです。提督、見て。夕日。きれい。提督、夕焼け空は好き?あたしは好き。少し悲しい色だけど、なんか泣きたくなるけど、きれい。嫌だ、泣ける。編集
18ヒトハチマルマルです。提督、お夕飯の支度しますね。今日は何がいいかな。提督の好きな、長鯨特製カレー?それとも…あぁ、お鍋にします?潜水艦たちも呼んで。編集
19ヒトキュマルマ…あ、いらっしゃい!ヒトミ、イヨ、シオン、シオイまで!ようこそ。イヨ、その一升瓶って…提督、今日飲んじゃってもいい日でしたっけ…いいか。編集
20フタマルマルマル。さ、できました。長鯨特製のお鍋。みんな、取皿はある?よーし!じゃあ、いただきます。あ、提督、はい。あたしがよそってあげる。どうぞ。編集
21イヨ、流石に飲みすぎでは?そのぐらいにしときなって。提督も付き合って飲みすぎ。明日の執務に響くから。時間?時間はまだフタヒトマルマルだけど…編集
22フタフタマルマルです。はいはーい、もうお開き。はい、イヨも。ここまでです。提督、はいお水。みんな立てる?はい!ここまで、解散。編集
23フタサンマルマル…です。提督、今日も一日お疲れ。いやぁ、どんちゃん騒ぎだったね。少しだけ休んで、残った書類、片付けいきますか?まずは少し休んで。編集


季節ボイス一覧


イベントセリフ改装段階備考追加


 


追加
桃の節句編集
春の訪れ編集
ホワイトデー編集
編集
春本番編集
梅雨編集
初夏編集
編集
盛夏編集
夏祭り編集
うん、いい匂ーい! たまんないねぇ、鎮守府秋祭りの屋台! 提督、次何食べる? えっと、あたしはねぇ……編集
秋刀魚編集
晩秋編集
ハロウィン編集
秋のワイン編集
編集
師走編集
クリスマス編集
年末編集
新年編集
節分編集
バレンタイン編集

九周年記念編集



イベント名編集


内容編集



ゲームにおいて

潜水母艦について

特殊攻撃【潜水艦隊攻撃】

キャラクター設定について

  • 潜水艦たちの面倒を見ている様子が多く、まさに潜水母艦
  • 放置ボイスで雪風及び初霜についても言及する。下記の史実にあるように、長鯨は終戦間際伊根空襲にて艦橋に被弾し、終戦時に雪風により曳航され舞鶴にて修理を受けている史実を受けたものか。なお、雪風・初霜は伊根のすぐ近所である宮津で空襲を受け初霜が大破擱座している。
    • その他時報では同じく終戦直前に舞鶴を拠点としていた酒匂と一緒に昼食をとっている様子が伺える。
  • 「よーしっ!」が口癖。
  • 制服や艤装等はほぼ迅鯨と同じだが、足のニーソックス? が迅鯨が白なのに対し、長鯨は黒。
    また、長鯨は上着の袖をたすき掛けで止めて動きやすくしている。
    箱の中身はやはりじゃがいものようで、中破時の足元に転がっている。
  • 姉同様、迫力の胸部装甲とムチムチの太ももの持ち主。

限定グラフィック

  • 2021年9月28日のアップデートで【浴衣mode】が実装された。
    • 白が基調となっており迅鯨の浴衣とは違うが、帯の柄や帯留め代わりの14cm連装砲は同じ。左手にいか焼きを持っている。
    • ある意味最大の違いは胸部装甲で、姉がさらしで抑えて綺麗な立ち姿になっていたのに対し、妹はあまり抑えていないのか結構目立つ。

小ネタ

略歴

  • 元ネタは日本海軍の迅鯨型潜水母艦の2番艦「長鯨」。
  • 長鯨は「大きな鯨」という意味。この名を海軍が使用するのは本艦が唯一の例だが、旧幕府海軍が「長鯨丸」という外輪汽船を所有していた。
    • この長鯨丸は 慶応2年(1866年)8月12日に江戸幕府が購入、大坂で死去した徳川幕府14代将軍徳川家茂の亡骸を、大坂から江戸まで運ぶ役目を果たしている。
      江戸城無血開城後、榎本艦隊に編入され江戸湾を脱走する。明治2年(1869年)6月、箱館戦争終結後新政府軍に鹵獲され、軍務官所管となったが11月10日に民部省管轄に移り、翌明治3年11月には大蔵省管轄となり汽船回漕会社に交付、「万里丸」と改名して明治13年まで使用され、その後三菱会社で浮き倉庫(ハルク)として使用された。
      • 軍務官が兵部省となるのは明治2年7月8日、海軍省が独立するのは明治5年2月28日、なので長鯨丸は海軍省管轄になった事はなく、前身の兵部省にしても3か月ちょっとしか在籍していなかった事になる。
    • 但し、一度「長鯨」の名を持つ軍艦が誕生しかけたことがある。八八艦隊計画がワシントン海軍軍縮条約により、建造途上の艦は全て建造中止となった際、天城型巡洋戦艦だけは航空母艦への改装が許されたのだが、この際、一番艦「天城」を「長鯨」に命名変更する案が出たことがある(赤城に命名変更の話はあったのかは不明)のだが、結局関東大震災で建造途上の天城の船体が大破してしまったのでこの話は流れている。
  • 大正13年(1924年)8月2日竣工、迅鯨型潜水母艦は中止となった八八艦隊計画での部品や資材を多く流用しており、長鯨には加賀型戦艦二番艦「土佐」や天城型巡洋戦艦四番艦[高雄」で使用する筈だった機関を搭載している。
    竣工時の艦種類別は「水雷母艦」だったが、12月に「潜水母艦」に類別変更されている。
  • 当時は太平洋戦争時の第六艦隊のような「潜水艦艦隊」はなく、長鯨は第二艦隊所属の第二潜水戦隊の旗艦として、中国方面などで活躍。昭和10年(1935年)に一度練習艦となっているが、その際復元性能の改善工事を受けている。
  • だが、日本海軍の潜水艦が大型の伊号タイプが主力となると、中型の呂号クラスの運用を想定している迅鯨型では能力不足となっていた*7。このため旗艦任務を5,500t型軽巡洋艦*8や計画中の潜水艦部隊専用旗艦、建造された新型潜水母艦に譲り、迅鯨型は昭和15年(1939年)より航海学校(運用術練習艦)、兵学校、機関学校生徒用の練習艦として使用された。
  • だが彼女らに引退は許されなかった。同年の第二次世界大戦勃発、そして日米関係の悪化により、彼女ら後輩たちは3隻とも空母への改装が決定してしまう。更に対米戦に備えて連合艦隊の戦力が拡充され潜水艦部隊も増強、新たに潜水艦で構成する「第六艦隊」が編成される。
    そのため潜水戦隊旗艦の数が不足し、迅鯨型の2隻は前線復帰する。長鯨は古巣の第二潜水戦隊旗艦となり、第六艦隊に所属する。その後新設された第六潜水戦隊の旗艦に移動し、太平洋戦争を迎える。
    • 第六潜水戦隊は第三艦隊所属で、長鯨も第三艦隊の各艦艇と共に緒戦のフィリピン攻略に関わる。引き続き蘭印作戦にも参加した第六潜水戦隊は、日本海軍の南方侵攻がひと段落すると昭和17年(1942年)4月に解隊。長鯨は予備艦となり本土に帰還、練習艦として訓練に従事する。
  • 昭和18年(1943年)1月、ソロモン方面で第七潜水戦隊旗艦として戦っていた姉の迅鯨が内地に戻ってくると、入れ替わるように長鯨が第七潜水戦隊旗艦となり前線に向かう。トラック諸島を経て2月にラバウルに進出した長鯨は同方面を指揮する南東方面艦隊所属としての潜水艦作戦を支援した。
    • 同方面で攻勢を強める連合軍に対して、長鯨らは前線の島々を支える陸軍部隊への輸送作戦や迎撃作戦を実施。第七潜水戦隊は激しい連合国軍の妨害で次々と損耗していく。
  • 昭和18年(1943年)11月5日、シャーマン提督指揮の第38任務部隊(空母Saratoga、プリンストン基幹)がラバウルを空襲、同地に集結していた遊撃部隊*9が大打撃を受ける。10日には再度空襲があり、避難できなかった重巡洋艦摩耶*10や残余の艦艇が襲われる。二度の空襲に長鯨自体は被害を受けなかったが、他にも駆逐艦涼波沈没、長波大破など被害が増大したので、南東方面艦隊司令部はラバウル停泊艦艇の即時避難を命令する。
    • 11日、長鯨は摩耶、二水戦*11、十戦隊*12の護衛を受けてトラック諸島へ退却する。途中先行していた軽巡洋艦阿賀野が米潜水艦の雷撃を受け大破したので、能代、藤波、早波がこの救援のため離れている。
      • この撤退により、南東方面での連合国軍の勝利は決定的となり、日本軍は戦線を大きく縮小する。南東方面艦隊をはじめ取り残された陸海軍将兵は自給自活態勢に入るが、連合国軍側も「飛び石戦術」のため同方面占領に向けた本格的な侵攻はしなかったので、彼らは終戦まで抵抗を続ける事になる。
  • トラックに到着した長鯨は、練習巡洋艦鹿島、特設巡洋艦「護国丸」と共に内地に帰投する事になる。駆逐艦若月、山雲の護衛を受けた3隻だが、道中米潜水艦「スカルピン」を発見、山雲がこれを撃沈する。
    生存者を救助した山雲はトラックに引き返し、4隻は11月25日に内地に無事に帰投する。
    • 長鯨は第七潜水戦隊旗艦の任を解かれ、潜水艦の練習部隊である「第十一潜水戦隊」の旗艦となる。
  • 昭和19年(1944年)4月、長鯨は呉海軍工廠に入渠し、機銃増設工事などを受ける。7月になると長鯨、迅鯨、鹿島、軽巡洋艦長良の4隻に呉から佐世保鎮守府への移籍と第二航空艦隊が展開する南西諸島への物資輸送が命じられる。
    • 第十一水雷戦隊旗艦の任を日露戦争時の主力艦であった装甲巡洋艦「八雲」に譲り、長鯨は沖縄方面への輸送作戦を実施する。だが作戦実施中の8月に、九州近海で長良が米潜水艦の攻撃で沈んでしまう。長鯨らは既に日本近海ですら安全で亡くなった事を思い知らされる。
      • そうした危険を覚悟し、輸送部隊は8月11日に佐世保を出撃、3度にわたる輸送作戦を成功させる。また帰路には沖縄から疎開する市民などを本土に運んでいる。
        だが9月18日の第4階輸送作戦で米潜水艦の待ち伏せ攻撃を受け、姉の迅鯨が大破、沖縄本島へ曳航される。
        動けず沖縄に居残った迅鯨は10月10日の「十・十空襲」に晒され沈没。長鯨は姉妹を失った。
  • 輸送作戦後、長鯨は第十一潜水戦隊旗艦に復帰する。昭和20年(1945年)3月19日の呉空襲では被害はなかった。
    • この頃第十一潜水戦隊に、特殊水上攻撃機晴嵐を運用する伊13伊400が編入、第一潜水隊を編成している。彼女らも長鯨の指導の下訓練に終始していた訳である。
  • 呉への空襲は5月以降も継続されるが、米軍側は大量の機雷を瀬戸内海にばらまき、これを封鎖。長鯨らは閉じ込められることを危惧して日本海に移動する事にあり、6月4日舞鶴に到着する。ここには天一号作戦を生き延びた駆逐艦初霜雪風もいたが、ここも既に安全ではなく、7月30日米大編隊の空襲を受ける。
    • 伊根湾にいた長鯨は艦橋に直撃弾を受けて戦死者100名以上、負傷者もほぼ同数でるという大損害を受ける。また宮津湾にいた初霜も戦闘中に蝕雷して擱座する。
      • 幸い舞鶴にいた他の艦艇(雪風の他にも軽巡洋艦酒匂、病院船だった氷川丸など)には損害は出なかった。そして8月15日終戦、18日長鯨は艦橋が破壊されたため雪風の誘導を受けながら舞鶴の海軍工廠まで移動する事になるが、先導する雪風が触雷する。
        だが幸運にも機雷はすぐには爆発せず、雪風と長鯨の中間あたりで遅れて爆発、2隻とも被害はなかった。
  • 舞鶴に移動した長鯨は復員輸送に従事する事になり修理を受ける。他にも雪風や酒匂、海防艦占守国後らも復員や掃海任務に従事するため舞鶴で整備を受けた。
    • こうして復員輸送任務に従事する事になった長鯨だが、機関部員は全員帰郷しており、代わりに補充されたのは特攻兵器「桜花」を運用する部隊「神雷部隊」の隊員20名で全くの素人たちだった。
      敗戦の混乱で規律も乱れる中、長鯨は素人の機関科兵たちが悪戦苦闘、時には機関室で火事が起きる騒ぎが起きたり、航行中の修理と整備を素人でしたりとトラブルが続く中を、復員輸送任務をこなしていった。
  • 昭和21年(1946年)、終戦からちょうど1年目の8月15日に長鯨は復員任務を解かれ、解体される事になる。日立造船向島造船所で解体される事になり翌昭和22年初頭には解体は完了した。

この艦娘についてのコメント


提案意見掲示板からのお知らせ

  • ドロップ祈願や海域攻略祈願のために、wiki内神社というページが設置されました!ぜひご利用ください。
  • 建造成果の報告は建造レシピ内にあるコメント欄に、
    ドロップ報告に関しては出撃ドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

*1 母港ボイスは各艦娘につき3つ割り当てられています。「詳細」ボイスは編成画面の「詳細」ボタンをクリックすることで聞くことが出来るボイスです。母港画面でも聞くことが出来ます。「母港3」ボイスは「母港画面でのクリック」もしくは「母港画面への遷移」でのみ聞くことが出来る、いわゆる「提督お触りボイス」です。編成画面での「詳細」ボタンでは聞くことが出来ません
*2 4つの基本ボイス(昼戦開始・昼戦攻撃・夜戦開始・夜戦攻撃)がありますが、各ボイスはその他の色々な場面でも使われます。各ボイスをどのフェーズ(航空戦/開幕雷撃/先制対潜/昼戦攻撃/各種CI...など)に割り当てるかは艦娘によって異なり、例えば開戦ボイスを攻撃でも使ったり、夜戦攻撃ボイスを昼戦でも使ったりします)
*3 2番艦でセリフが変わる場合には備考欄に記載
*4 「小破」ボイスの2つ目と戦闘撤退時の「旗艦大破」ボイスは共用化されています
*5 「小破」ボイスの2つ目と戦闘撤退時の「旗艦大破」ボイスは共用化されています
*6 装備ボイスは3ボイスありますが、改修/改造ボイスと共用化されています。また、ボイス3は「改修/改造」「開発」「バケツによる即時修復」「遠征出撃」「アイテム発見」ボイスと共用化されています
*7 当時の伊号潜水艦は水上速力が20ノットを超えるようになり、最大でも18ノットしかだせない迅鯨型では能力不足になっていた
*8 由良や鬼怒、五十鈴
*9 第二艦隊を中核とした水上部隊。指揮官は同艦隊司令長官栗田健男中将
*10 摩耶は5日の空襲で中破し避難が遅れた
*11 能代五月雨早波藤波
*12 風雲ほか