G.Garibaldi

Cached: 2021-06-20 01:56:50 Last-modified: 2021-05-29 (土) 19:22:22
No.390
G.Garibaldi
(ガリバルディ)*1
L.d.S.D.d.Abruzzi級 2番艦
軽巡洋艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久37火力28 / 50
装甲33 / 51雷装20 / 66
回避34 / 65対空20 / 60
搭載6対潜20 / 40
速力高速索敵12 / 40
射程20 / 89
最大消費量
燃料40弾薬50
搭載装備
2152mm/55 三連装速射砲
2未装備
2未装備
装備不可
改造チャート
G.GaribaldiG.Garibaldi改(Lv45)
図鑑説明
ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ軽巡洋艦「ジュゼッペ・ガリバルディ」だ。
ああ、姉貴の名前、長くって。でも、正真正銘の最新鋭軽巡、火力も装甲も艦の作りも、かなりのもんさ。
ちょっと温存され過ぎたけど、今度はばっちり働くぜ!見てなよ!

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:浅見春那、イラストレーター:じじ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

セリフCV:浅見春那、イラストレーター:じじ
入手/ログインBuongiorno(ボンジョルノ)*2! イタリア生まれの最新鋭軽巡Giuseppe Garibaldiだ。長いって? そうだな。Garibaldiでいいよ。よろしくな!
母港/詳細閲覧アタシのモットーは「従う」*3、だ。 ん? 意外そうな顔だな?
いいぜ、やっとアタシの出番か。ウズウズしてたとこさ!
母港/クリック時うおっ! ……この片耳ピアス? これは姉貴と分けたんだっ、いいだろ~? 
……っ、そんなにジロジロ見るなって! やるときはやるぜ? 出番、ちゃんとくれよなっ! 提督!
母港/詳細閲覧(新春)姉貴、提督、あけおめっ! やー、新年だなぁ、な! 今年も思いっきり、やって、やるぜーっ! まずは乾杯だ!
母港/詳細閲覧(バレンタイン)姉貴! 提督! これやんよ! 手作りだぜ、勿論!
母港/詳細閲覧(ホワイトデー)マジか、お返しくれんのか! 提督、Grazie!
母港/詳細閲覧(七周年)姉貴、提督、艦隊は七周年なんだってな。すごいな! アタシもお祝いするよ。まずワイン、開けよっかぁ!
母港/詳細閲覧(八周年)姉貴、提督! 艦隊はついに八周年なんだってな。すごいぜ、アタシからもお祝いだ! ワイン、赤、白、どっちがいい?
母港/詳細閲覧(梅雨)Roma、何作ってるんだ? ……テルテルボーズウ? あ、はて。何かの魔除けか? ふっ、いいな。あたしも作ろうっと!
母港/詳細閲覧(秋)はぁ~っ……こいつは美味そうなもんがてんこ盛りだねぇ! 提督鎮守府祭り、悪くないね。……あっ、これも美味そう! ワインも進むよぉ。なっ、Pola!
母港/詳細閲覧(秋刀魚)秋刀魚祭り……これが、な! ……よし、アタシも一肌脱ぐよ! 装備が大事なんだな。ああーZara、いろいろ教えてくれぇー!
母港/詳細閲覧(年末)大掃除か。あたし、こう見えて好きなんだよねー掃除。……よーし、こうなったら完璧に行くよ! 提督、邪魔邪魔!
ケッコンカッコカリ(反転)おおーわりぃ。アタシ、姉貴とさ……。 えっ、それでも、いい……のかい? マジか……じゃあ仕方ないな!
ケッコン後母港(反転)Caffè Latte入れたぜ。どうだ? っ、熱いよ?
編成/出撃出撃はやっぱり高まるねぇ! 最新鋭、Abruzzi級軽巡、Garibardi、出るぞ!
出撃艦隊旗艦! このGaribardi様が預かるぜぇ! 抜錨! さっ、皆ついてきなぁ!
開戦/攻撃さぁ! 戦闘開始だ! 腕が鳴るねぇ~、皆っ! 始めるよっ!
夜戦開始あーっ……夜ねぇ……。 まっ、いいか。やってやるぜぇ!
攻撃/航空戦のしていくよっ!
連撃/弾着観測射撃/夜戦攻撃実は結構最新鋭だぜ? 本物のなっ!
小破うあぁぁぁっ! 痛いじゃんかぁ!
小破/旗艦大破痛っ、痛たたたぁっ! 当ててくるって!? マジかぁ!?
中破/大破っ! 沈みゃしねぇけど、姉貴に見せる面ねぇぜ!
勝利MVPGrazie(グラッチェ)*4! アタシが貰っていいのかい? 悪いなぁ皆。 ま、そういうことだから……やったぜっ!
帰投母港に帰ったぜぇ! はーっ、疲れたっと!
補給助かる、Grazie!
改装/改修/改造おおっ! ありがたい!
いいなぁ~、姉貴にも見せてやりたい!
改装/改修/改造(遠征選択/アイテム発見)あーっ……いいんじゃね? なぁ?
入渠(小破以下)チッ……少しシャワー浴びるわ……汚れた。
入渠(中破以上)痛ってってぇ……。あいつら、変なとこ噛みつきやがって……。
建造完了新しい船ができたってさ。
戦績表示情報か……大事だな。待ってな……よっこいしょっと!
轟沈(反転)嘘だろ…あたし、まじ、ここで沈むんか…そんな…馬鹿な…、まじか…姉貴…
時報改で実装
放置時姉貴、元気してるかなぁ? まーた変なもんにはまってなけりゃいいけど……。 提督は、うーん……何か、はまってんな。

ゲームにおいて

  • 2019年5月21日実装。同日より始まった19年春イベント「発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」」のE-3突破報酬。
  • 艦名の読みはイタリア語の発音規則上「ガバルディ」なのだが、実装直後はカードの表記及びボイスでは「ガバルディ」になっていた。
    表記については表記ミスとのことで、実装翌日の22日中に順次修正された(ボイスは未修正)。*5
    • イタリア語は、かなりアルファベットに忠実な発音をする言語であり*6、ごく僅かな例外や、英語やドイツ語などから入った外来語を除き、基本的に日本語のローマ字読みをすれば良い。母音や子音も日本語と似ており、巻き舌などもそれほど効かないため、バリバリの日本語発音でも割と通じる*7
    • 艦名の読みミスは本ゲームでは前例がある。この例ではサービスインと共に判明(2013/4/23)し、ボイス追加時に録り直される(2014/10/10)まで約1年半かかった。今はもう少し早く録り直されるかもしれない。


  • 本艦の実装によりイタリア艦だけで連合艦隊(水上部隊のみ。機動・輸送は不可)を編成可能になった。

キャラクター設定について

  • 天龍摩耶を彷彿とさせる男勝りな性格。一人称は「アタシ」。
  • 1番艦のL.d.S.D.d.Abruzziのことを「姉貴」と呼んでいる。料理を教わったり片耳ピアスを分け合う程度には仲が良いようだ。

小ネタ

諸元

諸元

  • 竣工時
    排水量(基準/満載)9,592/11,542t(ガリバルディは9,195/11,528t)全長/全幅/喫水187.05/18.9/6.8m(満載時)
    機関出力100,000馬力/2軸速力31.0kt(公試時34.0kt)
    航続力5,360海里/14kt乗員640名(850名とする資料あり)
    主兵装152mm砲連装2基&三連装2基10門、100mm高角砲連装8門、533mm魚雷三連装2基
    37mm連装機銃4基8門、13.2mm連装機銃6基12門
    装甲(最大)舷側100mm+30mm、水平40mm、主砲塔135mm 司令塔100mm搭載機4機
  • 最終時
    排水量(基準)9,195t全長/全幅/喫水187m/18.9m/6.7m
    機関出力85,000馬力/2軸速力30.0kt
    航続力4,125海里/13kt乗員640名
    主兵装13.5cm両用砲連装2基4門、76mm自動砲単装8門
    RIM-2 テリアミサイル2基
    装甲(最大)舷側100mm+30mm、水平40mm搭載機なし


  • イタリア海軍が建造したルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級軽巡洋艦の2番艦、ジュゼッペ・ガリバルディ(Giuseppe Garibaldi)。
  • 共々終戦まで生き残っており、戦後はヘリパッド設置などの改修を施された後最終的にミサイル巡洋艦に改造された。
  • 艦名の元ネタとなったジュゼッペ・ガリバルディはイタリア統一運動を推進しイタリア王国成立に貢献した人物で、イタリアの国民的英雄である。彼の功績についてはWikipediaなどに詳しい。
    • 因みにアルゼンチンの独裁者ロサスが征服しようとしていたウルグアイ共和国を守るためにガリバルディが集めた義勇兵部隊は、赤いシャツを着ていたので「赤シャツ隊」と称され、イタリア統一にも貢献している。彼女の服装が赤を基調としているのはそのためか。
      似た様な名前のロボットのボディカラーから持ってきているわけではない
    • ジュゼッペ(ジュセッペ)はヘブライ語の「ヨセフ」に由来するイタリア語の男性名で、英語・フランス語圏の「ジョゼフ」に対応する。
      • 愛称は「ペッペ」「ピーノ」「ペッピーノ」などがある。
    • 余談ながら、彼が率いた軍隊で支給されたレーズン入り堅パンが英国人の傭兵によって英国に持ち込まれ、ガリバルディビスケットという名前で商品化されている。
      • さらなる余談になるが、そのお菓子のガリバルディを参考に株式会社東ハトが開発したお菓子があのオールレーズンである。
  • 本艦はG.Garibaldiとしては2代目で、初代は装甲巡洋艦ジュゼッペ・ガリバルディ級の1隻である。が、初代は実は名称がややこしい。

初代ジュゼッペ・ガリバルディ級について

初代ジュゼッペ・ガリバルディ級について

  • 当時、イタリア海軍は民間造船所を育成すべく海外からの発注を積極的に受け入れ、造船所のレベルが上がった後で同じ仕様条件で発注し、より出来の良い艦を手に入れる施策を採っていた。
     このためジュゼッペ・ガリバルディ級はイタリア海軍の発注仕様に基づき7隻が建造され、1~3番艦をアルゼンチンやスペイン海軍に売却し、4番艦を「ジュゼッペ・ガリバルディ」として正式編入した。
     のだが、なんとイタリア海軍は進水する毎に「ジュゼッペ・ガリバルディ」と命名したうえで売却していた(襲名?)。しかも1番艦はアルゼンチン海軍でそのまま「ガリバルディ」と命名されており、余計にややこしい。
    • その後、追加で3隻が建造され、うち「サン・ロカ」と「ミトラ」をアルゼンチン海軍が購入して「モレノ」「リヴァタニア」と改名している。更にそれを日露戦争開戦直前の日本海軍が購入し、「日進*8」「春日*9」と命名し、日露戦争にぎりぎり間に合う形で投入している。
       2隻は触雷で失った戦艦「初瀬」「八島」(戦力の中核)の代役として、戦艦部隊である第一戦隊に編入され日本海海戦などで活躍する。つまり彼女とは先代が姉妹という従姉妹的な関係でもある。
      • この先代日進に乗り組んでいた士官候補生のひとりがかの山本五十六(当時は高野姓)で、日本海海戦時に主砲の爆発*10で左手の指二本を失うなどの重傷を負っている。
    • 結局同級は10隻が建造され、アルゼンチンで4隻、スペインで1隻、日本で2隻、イタリアで3隻が運用されるという国際色豊かな艦級となった。
    • このクラスは、艦の真ん中にマストを置き、その前後に煙突・前後楼・砲塔を配置した前後対称スタイルが特徴。艦の進行方向の誤認を狙ったものである。そこ!ゾックとか言うな!
      • 因みに言えばこの独特な配置は当時のイタリア海軍では戦艦で多用されていたもので、装甲巡洋艦ではこのガリバルディ級が初採用だった。戦艦では前弩級戦艦まではこのスタイルを踏襲している。
    • 排水量の割に重武装・重装甲のうえ速力も十分。魅力的な性能を持った艦であり、よく売れるのも宜なるかな。ただし、イタリア艦の例によって航続距離は短めである。太平洋?知らない子ですね

三代目ジュゼッペ・ガリバルディについて

三代目ジュゼッペ・ガリバルディについて

  • 三代目は1981年に起工、1985年に竣工した軽空母(ITS Giuseppe Garibaldi C 551)で、のちに強襲揚陸艦にクラスチェンジした。
    • 「海軍は固定翼機を保有しない」というイタリア空軍法に則り、当初はヘリ空母と計画された。 が、艦隊航空兵力の取得に熱心だった海軍は、建造時点からスキージャンプを設けたり、明らかにSTOVL空母として運用する気満々に本艦を仕上げた。
       その後、1989年に空軍法が改正され、海軍の固定翼機運用が解禁されると、すぐさま艦載機としてハリアー IIを追加し、名実ともにSTOVL空母となった。
    • 軽空母ながら重武装で知られており、就役当時は対艦ミサイル、短魚雷、個艦防空ミサイル、近接対空火器と、まるで空母とは思えない充実した武装を保持していた。
       船体規模もさることながら、空母機能に打撃力を備えた姿は、「ひゅうが」に近いかもしれない。打撃力を持ったSTOVL空母?むしろキエフ級という先達も居たような・・・
       設計思想が「小さな空母」ではなく「大きな護衛艦」とのことで、してみると究極の航空巡洋艦と言えるかも。先駆けはボクだからね!
    • 2007年に後任の軽空母「カヴール」が就役すると、大規模改修で強襲揚陸艦となった。この強化、感謝…であります
    • 2019年5月に後任の強襲揚陸艦「トリエステ」が進水(戦力化は2022年初めを予定)し、間もなく引退する見込みである。

戦歴

戦歴

  • 起工は1933年12月28日で進水は1936年4月21日。竣工は1937年12月1日。
  • 第二次世界大戦時は姉のL.d.S.D.d.Abruzziと2隻でVIII Divisione incrociatori(第8巡洋艦戦隊)を編成し、多くの期間を一緒に行動していた。
  • 戦歴としてはまず、1940年7月に発生したカラブリア沖海戦に参加している。
    • マルタからアレクサンドリアへ向かう連合国軍船団を護衛する英戦艦Warspite率いる艦隊と、イタリアから北アフリカへ向かう船団を護衛していたイタリア艦隊が交戦した海戦で、第二次世界大戦の地中海で行われた数少ない大規模海戦であった。
      • イギリス側はWarspiteを旗艦に戦艦3、空母1、軽巡洋艦5、駆逐艦16。イタリア側は戦艦2、重巡洋艦6、軽巡洋艦8、駆逐艦16で、艦これ実装艦では他にもZaraPolaLibeccioMaestraleが参加している。
    • 海戦はまず、前衛として進出したイギリス巡洋艦部隊とイタリア艦隊とが砲撃戦を開始する事で始まった。この砲撃戦ではイタリア側が砲撃の正確さで優位に立ち、G.Garibaldiはイギリス軽巡洋艦「ネプチューン」に命中弾を与え、指揮官のジョン・トーヴィー中将に一時離脱を決断させている。
    • だが、その後の戦艦同士の砲撃戦は結果的には不活発に終わった。イギリス側はWarspiteが単独で先行したが、先制できる最適な位置にいながら後続の友軍戦艦を待って待機したのでそれを逸し、イタリア側もWarspite1隻に対して2隻の戦艦をもっていたのに「1つの目標を複数隻で狙うとその弾着がどの艦のものかわからなくなってまぎらわしいので一目標にを狙うのは1隻のみ」というユトランド海戦の戦訓?を守って、Warspiteに対して攻撃したのは戦艦1隻だけだった。更にWarspite側もイタリア側の意図など知らず、1隻で2隻を狙って砲を分火してしまい、結局有効打を与える事に失敗している。
    • 最終的にこれほどの大規模な戦力投入がされながら双方の戦果は殆どなくイタリア側が駆逐艦1隻が大破着底しながら後日浮遊され戦列復帰したぐらいで、後はどの艦も軽い損傷で済むという結果となっている。

  • 1941年3月にはマタパン岬沖海戦に姉と共に参加。
    • 海戦の詳細はZaraの小ネタに譲るが、この海戦でイタリア海軍は艦隊旗艦V.Venetoが損傷、第1巡洋艦戦隊の重巡3隻と第9駆逐隊の駆逐艦2隻を失う大損害を被った。
    • G.Garibaldi達第8巡洋艦戦隊は第16駆逐隊の駆逐艦2隻(エマヌエーレ・ペッサーニョ、ニコローゾ・ダ・レッコ)の護衛を受けながら海戦に参加するも、作戦初期の段階でペッサーニョの機関不調が原因で艦隊速度が制限され、僅かな参加で戦域からの撤退を余儀なくされた。
  • 7月28日には英潜水艦「アップホルダー」(Libeccioを沈めた潜水艦)から魚雷2発を受け損傷、700トンの浸水が発生する。
    • G.Garibaldiは何とかパレルモに帰投し、その後ナポリで4ヶ月間修理を行った。

  • 1942年6月にはイギリスのヴィガラス作戦迎撃のためにエマヌエレ・フィリベルト・ドゥーカ・ダオスタ(以下E.F.D.d'Aosta)と共に出撃。この戦いには艦これ実装艦ではLittorioが参加している。
    • E.F.D.d'Aostaとは以降長い期間行動を共にすることになる。
    • イギリスの船団は枢軸軍の空襲で損害を受けてアレクサンドリアに後退、イタリアはマルタ島への船団到達阻止という戦略的目標を達成した。
    • この作戦中英米空軍の空襲で重巡「トレント」が航行不能に陥り、同艦は数時間後英潜水艦「アンブラ」によって撃沈された。
  • イタリア海軍の燃料不足が深刻化してきた8月以降はギリシャのナバリノ(現:ピュロス)にL.d.S.D.d.AbruzziとE.F.D.d'Aosta、駆逐艦4隻と共に移され、ハイファの英艦隊から東地中海の海上輸送を守るために留め置かれた。
    • 11月にはシチリア島のメッシーナに移動した。

  • 1943年1月にはメッシーナに停泊中に空襲を受け、乗員に死傷者が出る。同年5月にはジェノヴァに移動。
  • 8月、連合軍がハスキー作戦によりシチリア島に上陸を開始。G.GaribaldiとE.F.D.d'Aostaはパレルモの敵上陸船団を攻撃に向かう(8月の戦いにおけるG.Garibaldi(奥にいるのはE.F.D.d'Aosta)))。
    • しかし2隻の巡洋艦はレーダーを装備しておらず、またGaribaldiが機関不調で28ノットしか出ないなど問題を抱えており、艦と乗員の損失を恐れた第8巡洋艦戦隊司令ジュゼッペ・フィオラヴァンツォ提督の判断によって作戦は中止、G.GaribaldiとE.F.D.d'Aostaは8月8日にラ・スペツィアに帰投した。
    • その後2隻は3隻の駆逐艦(ミトラリエーレ、カラビニエーレ、ヴィンツェンツォ・ジョベルティ)の護衛の下でラ・スペツィアを出てジェノヴァへ向かったが、道中で英潜水艦「シムーン」の雷撃により駆逐艦「ヴィンツェンツォ・ジョベルティ」が撃沈された。

  • そして9月8日にイタリア停戦の報を受け、ドイツによる報復と接収を避けるため連合国軍へ投降するべくマルタ島へ向かうことになる。
    • ジェノヴァに停泊していたG.Garibaldi、L.d.S.D.d.Abruzzi、E.F.D.d'Aostaの3隻は水雷艇リブラと共に出港、ラ・スペツィアからのRoma率いるイタリア艦隊と合流する。
      • マルタ島に向かう道中ではドイツ空軍の誘導爆弾「フリッツX」の攻撃によりRomaが爆沈、Littorioが損傷するも、G.Garibaldiは大きな損傷を受けることなくマルタ島にたどり着いた。

  • その後G.Garibaldiは連合軍側で活動することになり、船体の塗装を連合国側のものに再塗装し、1944年には地中海と大西洋でL.d.S.D.d.AbruzziやE.F.D.d'Aostaらと共同でドイツ海軍の通商破壊艦に対する哨戒に従事した。その後地中海各地で兵員輸送を実施した。
  • 1945年にはジブラルタルで改装を受け、イギリス製のレーダーを搭載された。
  • 1940年6月から1943年9月にかけて、ジュゼッペ・ガリバルディは51回の作戦行動を行い、24,047海里を航海した。戦争が終わった時点で、航行距離はほぼ50,000海里に達していた。


  • 結局G.Garibaldiは姉と共に第二次世界大戦を無事に生き抜くことが出来た。更に降伏後は連合国軍に接収されることもなく、引き続きイタリア海軍に籍を置くことが出来た。姉の方は1961年に除籍されたが、妹の方はアメリカのポラリスSLBM分散配置計画に基づき、1957年から1962年にかけてミサイル巡洋艦に改造されている。そして1972年まで任務を勤め上げ除籍された。
  • 最終的な搭載兵装は以下の通りである
    OTO 13.5cm連装両用砲2基・・・軽量な半自動両用砲
    OTOメラーラ 76mmMMIアラーガト単装自動砲8基・・・のちに海自などでも使われる76mmコンパット砲の前モデル
    FMC Mk.10 GMLS1基(RIM-2テリアSAM)・・・連装のミサイル発射システムと艦対空ミサイル
    UGM-27ポラリス弾道ミサイル発射筒4基・・・本来は潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)システム。
    • ただし、実際に発射試験までは行われたものの、ポラリスミサイル本体は実戦配備されずに終わった。その後イタリア独自の弾道ミサイルも試作されたが、こちらも試作止まりで終わっている。

この艦娘についてのコメント

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • ふと気づいたのだが、耳に穴開けてるのはこの娘らが初めてか? -- 2019-10-18 (金) 20:42:16
    • そうだね、地味に初だけど -- 2019-10-25 (金) 10:17:32
    • 秋津洲がループアンテナピアス付けてるよ -- 2020-01-18 (土) 00:02:22
  • ガリィ丸、抜錨しまかぜ -- 2019-10-26 (土) 01:03:16
  • え、脱ぐって!? -- 2019-10-30 (水) 11:16:38
  • 秋刀魚ボイス、ウキウキでかわいい -- 2019-10-31 (木) 07:25:18
  • 姉様から「ガリィ」と呼ばれているとキャラ設定欄にいいかも。 -- 2019-11-03 (日) 11:40:05
  • 意外と掃除出来るのね。 -- 2019-12-27 (金) 21:40:07
  • カレンダー、グレカーレですら出してないのに一人だけナチュラルにへそ出してるのが痴女い -- 2020-01-03 (金) 22:04:18
  • ガルバルディ?αのほうが好きだな実弾BRつかえるぞ -- 2020-01-17 (金) 22:12:00
  • linux(Fedora)にOperaプラウザをインストールしたついでにテストを兼ねて節分任務回してたらシステムモニター注視してて轟沈させてしまった…orz -- 2020-01-31 (金) 23:12:46
  • じじさんのおっぱい好きだから是非とも欲しいけど、次の入手機会はいつになるのやら -- 2020-02-16 (日) 19:35:27
  • 変なとこって、どこを誰に噛みつかれたんだろうな -- 2020-04-03 (金) 22:23:29
  • 今日も一日ガリバルディ -- 2020-04-04 (土) 13:00:49
  • ガリバルディの進水日って4/21って書いてあるサイトと4/22って書いてあるサイトがあるけどどれが正しいのじゃ…… -- 2020-04-21 (火) 00:20:33
    • 知らんけど進水したのがイタリア時間では4/21、日本時間では4/22 ってかんじでどっちも正しいんじゃない??サイトによって故郷の時間を使うか日本の時間を使うかってだけで -- 2020-04-21 (火) 11:17:52
      • Wikipedia英語版だと21日、イタリア語版だと22日、フランス語版だと21日、日本語版だと両方書いてあってもうわけわからん -- 2020-05-14 (木) 12:43:40
      • 日本時間と現地時間と明記して両方書けばいいんじゃない? -- 2020-05-14 (木) 13:55:33
      • 「イタリア巡洋艦ガリバルディ4月21日から4月22日にかけて進水」と天気予報みたく書いてこの娘の反応を楽しみたい。 -- 2020-06-07 (日) 21:44:42
  • グレちゃんをジャーマンスープレックスですか? -- 2020-10-05 (月) 14:35:34
  • 待ちに待った欧州遠征! 復帰組として、ぜひこの子の泥設定に期待! -- 2020-11-25 (水) 21:45:34
    • 同じく、1年半ぶり復帰の自分も、姉ともども泥設定を期待します! 今回の目標じじ艦コンプ。 -- 2020-11-25 (水) 22:01:15
    • 無事E1甲の輸送ゲージA勝利の際にドロップ! いやー、待ってたよ! 早速演習とデイリーで可愛がってあげよう -- 2020-11-29 (日) 09:43:10
  • 1隻所持済みのところ,秋イベE1輸送マスのボスマスA勝利でドロップ。未所持の方は頑張ってください。 -- 2020-11-28 (土) 12:56:17
    • 輸送マスではなく,輸送ゲージの間違いでした。すみません。なお,ドロップは削り中です。 -- 2020-11-28 (土) 12:57:11
  • ロリコンじゃないんで、スイカバーよりガリガリ君ください。アブ姉にガリガリ君をプレゼントしたいんです。 -- 2020-11-29 (日) 13:21:48
  • ちょうど家にガルバルディ-βのプラモがあった -- 2020-12-02 (水) 15:37:24
  • 育成中に沈めてしまったので再邂逅できて嬉しい!と思ったら連チャンできやがった…とりあえずロックして保存しようかな -- 2020-12-02 (水) 17:47:12
    • 轟沈させる様な馬鹿は艦これする資格ないよ。辞めちまえ。 -- 2020-12-04 (金) 21:51:09
      • それは言い過ぎだが、ここに書き込むと不快に感じる人もいるってことは覚えておいてほしい。 -- 2020-12-09 (水) 08:20:57
  • ようやく姉妹そろえることができた。感謝。 -- 2020-12-06 (日) 17:49:03
  • ジュゼッペ・ガリヴァルディ…G.G…通称!ジョジョ ! -- 2020-12-09 (水) 07:27:18
    • ジョゼフだしな -- 2020-12-11 (金) 22:23:09
  • あとはこの子さえ手に入れば次に進めるのだが… -- 2020-12-16 (水) 09:50:53
  • 弾道ミサイル、発射!!! -- 2020-12-24 (木) 13:19:53
  • やっとドロップしたのに間違って改修に使ってしまった…。心が折れた。 -- 2020-12-30 (水) 01:42:54
  • 後はシロッコを手に入れればイベント完走って所で、先に2隻目のガルバルディ出た、改めて性能見るとかなり高性能だし、新艦育て終わったら育てよう。 -- 2021-01-09 (土) 22:05:57
    • こちらもガリが先に2隻目来た、うちは正直シロッコは次回に持ち越しかな。 -- 2021-01-12 (火) 20:00:53
  • イベはクリアしたが未だガリィが来ない。アブ姉とコンビで使ってみたいのに・・・ -- 2021-01-12 (火) 23:44:00
  • やっと来た ありがとう。 -- 2021-01-13 (水) 11:15:50
  • 姉貴が高練度やから早く追い付かせたい -- 2021-03-23 (火) 09:52:05
  • 「ボイス追加時に録り直されるまで約1年半かかった。今はもう少し早く録り直されるかもしれない。」ってあるけど、もう実装から2年経っているのだが…w -- 2021-05-18 (火) 21:14:59
  • 【調査のお願い】精鋭水雷戦隊 司令部において、補強増設に搭載可能な艦が報告されています。こちらについては未調査のため、確認可能な方は精鋭水雷戦隊 司令部のコメント欄に報告して戴けると幸いです。 -- 2021-05-29 (土) 19:22:19
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 ガングートの例同様名前が長すぎるために短縮表記になっていると考えられる
*2 おはよう・こんにちわ ブォンジョルノとも。Ciaoよりもしっかりした挨拶
*3 「Obbedisco」。艦名の元になったジュゼッペ・ガリバルディが第三次イタリア独立戦争(普墺戦争)で送った電文に由来する。
*4 ありがとう グラツィエとも
*5 余談だが、当時の日本海軍では本艦を「ギウセッペ・ガルバルヂ」と称していた。現代でも「ジュゼッペ・ガルバルディ広場」など、古くから使われている単語では、慣用的に残ってる事例も散見される
*6 というより、表音文字を使ってるくせに、アルファベットそのままに読まない英、独、仏語などが、印欧系言語としてはむしろ例外的。仏・独はきちんとしたルールが存在し例外が少ないが、英語は発音ルールがほとんど存在せず、パターンになりそうでも恐ろしいほど例外は多く、実際比べると伊・西・葡語よりよっぽど難しい。
*7 ちなみに、このような綴りと発音のギャップが少ない言語は、言語学の場では「浅い(あるいは透明な)表記」と呼ぶ。欧米系言語では、他にスペイン語やフィンランド語などが、「浅い」言語として知られる。
*8 艦これ実装の日進の先代
*9 春日丸は日本海軍の命名ではないため、直接の関係はない。
*10 暴発とも