九六式艦戦改

Cached: 2021-10-22 22:09:37 Last-modified: 2021-10-19 (火) 06:43:47
No.228
九六式艦戦改艦上戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+4
対潜索敵
命中回避+2
戦闘行動半径4
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
春日丸/大鷹の初期装備
改修更新
九六式艦戦九六式艦戦改
旧式の艦上戦闘機の性能向上タイプです。
零戦より前に実戦配備されていた旧型機ですが、優れた格闘戦能力を持っています。
武装や速度の点で既に二線級ではありますが、防空戦闘には活用可能です。

ゲームにおいて

  • 2017年5月2日、同日に実装された春日丸/大鷹の初期装備として実装された。
  • 元になった九六式艦戦と比べて対空+1、回避+1と上位互換となっている。
    • 2018年11月29日アップデートで回避が+1された。
    • ちなみに零戦21型との差は対空-1、回避+2。一応相互互換ではあるが、本装備を入手出来る練度の艦隊で使用する事はまずないだろう。
  • 春日丸のページにも記載してあるが誤廃棄には注意
    • 九六式艦戦と比べると、装備画面では艦戦カテゴリの(アメリカ艦戦より)後ろ側で、レア度がホロになっているが、パっと見の名前で判断する癖がある人は要注意である。
    • 現時点ではコレクターズアイテム以上の価値はない。今後に期待しよう。
  • 2019年7月24日、敵潜水艦に対して強力な謎の挙動が確認されているとの報告があった。*1
    • 2019年8月8日アップデートで修正された。また、あわせて「九六式艦戦」系に装備ボーナスが追加された。*2
    • 装備していると敵潜水艦の装甲を1として計算するという挙動になっていた模様。装甲乱数も1なので同じ攻撃のダメージが常に同一になる。同時実装で図鑑Noの近い九五式爆雷・二式爆雷がらみのバグと思われるが...
  • 2020年3月27日アップデートで装備ボーナスが上方修正された。
  • 2021年10月15日アップデートで改修可能になり、同時に九六式艦戦からの改修更新でも入手可能になった。

装備ボーナスについて

  • 特定艦に装備した時、パラメータが更に上昇する装備ボーナスがある。
    • 対象艦は表中の通り。
    • 搭載一基ごとの単体ボーナスは、装備数を増やせば累積する。
    • 他装備とのボーナスを持つ艦もいるが、それもまた別に加算される。
    • 各ボーナス値は下表の通り。
      装備加算値
      九六式艦戦改火力対空対潜回避累積
      42-
      単体ボーナス↓加算値
      装備対象艦火力対空対潜回避累積
      九六式艦戦改鳳翔+3+4+6+5
      春日丸
      神鷹
      +2+2+7+2
      その他の軽空母+1+2+1
      ※装備ボーナスのある他装備の一覧はこちら
  • 装備ボーナスによる対空値の上昇分は制空値に一切寄与しないとみられる。
  • 対潜値のボーナスは先制対潜条件、対潜攻撃力(装備対潜値)、遠征対潜値条件に加味される。
    • 装備ボーナス対潜値は2021/09/28アップデートから対潜攻撃力にも加味されるようになった。ボーナス値を装備対潜値に加算してダメージ計算を行う。
    • かつてはボーナス対潜値が対潜先制爆雷攻撃のボーダー100の場合以外に加味されない仕様だったが、2021/09/28アップデートで加味されるよう変更された。

小ネタ

  • 元ネタは九六式艦上戦闘機*3の改なのでおそらく九六艦戦四号と思われる
    • と言いたいが実は風防部分をよく見ると風防上部が丸くないので実はまんま九六式二号二型艦戦だったりする。どこを改造したのだろう?
  • 機体についての詳細は九六式艦戦を参照。
  • 塗装が戦前~大戦初期の銀色から濃緑色に変更されている
    • 主翼前縁に黄色の識別塗装が施されており、少なくとも昭和17年10月5日*4以降の状態となっている

この装備についてのコメント


*1 https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/1153849917124702208
*2 https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/1159422505259397121
*3 モデルが九六式二号二型艦戦
*4 軍用機味方識別に関する海陸軍中央協定