Conte di Cavour改

Cached: 2021-12-02 13:08:46 Last-modified: 2021-11-20 (土) 21:53:27
No.478
Conte di Cavour 改
(カブール)
Conte di Cavour級
1番艦 戦艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久73火力62 / 91
装甲-- / 87雷装0
回避29 / 67対空40 / 76
搭載2対潜0
速力高速索敵11 / 40
射程23 / 87
最大消費量
燃料75弾薬110
搭載装備
0320mm/44 三連装砲
0320mm/44 連装砲
1未装備
1未装備
改造チャート
Conte di CavourConte di Cavour改(Lv48+高速建造材×10+開発資材×30)
Conte di Cavour nuovo(Lv74+高速建造材×20+開発資材×50)
図鑑説明
Conte di Cavour級戦艦、一番艦、Conte di Cavourよ。
そう、第一次世界大戦中に建造された弩級戦艦。何?小さいからって舐めないでよ。
近代化改装で、今風の高速戦艦になったんだから!
第二次改装も予定していたし!

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:飯田ヒカル、イラストレーター:じじ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

CV:飯田ヒカル、イラストレーター:じじ

定型ボイス一覧

イベントセリフ改装段階備考追加




 
 
 


 
 
追加
入手/ログインBuon giorno!
Mi chiamo Conte di Cavour あんたが提督?
ふーん。ジャ、よろしく頼むわ!
××編集
Buon giorno!
Mi chiamo Conte di Cavour ……提督?
ん、いいじゃない。今日もよろしく頼むわ!
××編集
Buon giorno!
Mi () Conte di Cavour がっつり第二次改装済だ!
これなら負けは……しないぞっ!
××編集
母港*1編集
母港1詳細Ciao! あんた何? このワシの力がいるわけね!編集
母港2弩級戦艦よ、ド・きゅ・う! ……え、古い? なめんな!編集
母港3ああ、Littorio! あんた達、ちゃんとやってんの? ……そう、ならいいけど。先輩に恥、かかせないでよ?××編集
あー、んと何だっけ? 今はItalia? まあいいわ、あんた達、ちゃんとやってる?
……そ、ならいいけど。先輩のこのワシに恥かかせないでよ?
×編集
ケッコンカッコカリ&ntbr; Usage: ([マスク色]){隠し文字};編集
ケッコン後母港&ntbr; Usage: ([マスク色]){隠し文字};編集
放置時主砲? 確かに少し小さいけど……なに、掘れば大きくなるし!××編集
主砲? ……そうよ、掘って大きくしたわ。これならどうよ!×編集
編成出撃編集
編成弩級戦艦、Conte di Cavour、出撃! あんたたち、ついてきなさい!××編集
改弩級戦艦、Conte di Cavour、出撃! あんたたち、ちゃんとついてきなさい!××編集
最新艤装のConte di Cavour、出撃よ! みんな、ちゃーんとついてきなさい!××編集
出撃艦隊旗艦、Conte di Cavour、抜錨する! 地中海はワシらのだ、あんたたちの自由にはさせないから!×編集
艦隊旗艦、Conte di Cavour、抜錨する! 世界の海も任せて、あいつらの自由にはさせないから!××編集
開戦・攻撃*2編集
戦闘1昼戦開始敵艦発見! いい、あんたたち、シメていくわ! 砲撃戦、用意。さあ、やるわよ!編集
戦闘2昼戦攻撃くっらえーっ!編集
戦闘3夜戦開始まだまだ夜だって若いのに負けるかってのー!××編集
まだまだ夜だって、あんた達には負けるかって!××編集
この改装、イケてるよ! 夜だって、もうあんな連中には負けるかっての!××編集
戦闘4夜戦攻撃第一、第二主砲! いい? ……撃て!編集
戦闘時ステータス*3編集
小破にゃっ!?編集
中破/大破ちっ、若造のくせに……ワシを舐めんなよ!編集
轟沈やだ……やだやだ、着底しない! どこまでも沈む……! ……って、これが沈むということ。これが……! ありえ……ないっ。編集
戦闘終了*4編集
勝利MVPあんたたちにはまだまだ負けないってことよ。どう、見てた? ま、そうね。参考にしてもいいわよ。編集
旗艦大破にゃにゃにゃ!?編集
装備・改修*5編集
装備1改修/改造ま、貰っといてあげる。××編集
Grazie.貰っといてあげる。×編集
装備2まあ……いいんじゃない? ……へぇー。編集
装備3改修/改造/開発/バケツ/遠征/発見ま、いいとしましょう。編集
その他編集
帰投作戦完了! お疲れってね。編集
補給Grazie.まだまだ戦うわ。編集
入渠(小破以下)にゃ~っ、やられた~っ。……まあ、仕方ない。編集
入渠(中破以上)着底しちゃうじゃん! 冗談じゃない、まだまだ働くから!編集
建造完了新しいやつか。……ま、いいけど。編集
戦績表示そう。いつの時代だって情報は大事。そうよ。編集

各ボイス項目の詳しい説明はこちらをご覧ください


時報ボイス一覧

時刻セリフ改装段階備考追加




 
 
 


 
 
追加
00しょうがない、あんたたちのやり方でやってあげるわ。簡単よこんなの! このワシに任せなさい!×編集
01マル……ヒト、マルマル! ほーら簡単! お茶の子よ、こんなの! ワシの若い頃は……あ。……今でも若いし!×編集
02マル……フタ、マルマル! ……よしよし、問題なかろうて。提督よ、あんたらの作法、ワシも慣れてきたぞ!×編集
03マル……サン、マルマル! ……ちと、眠いな。……ああ、提督。……ワシにカフェか? Grazie!×編集
04マル……ヨン……マル……マル。あふぅ……もうすぐ、朝、か……。……少しだけ……休む……ふにゃ……ふにゅ……。×編集
05マル……ゴー………マル、マル。……ん……? 何だ、もう朝か。……仕方ない、起きるか。Buon giorno!×編集
06マル……ロク、マルマル! いくぞ! ソウインオコーシ! 朝だ! 艦隊、総員、起床! 起きろーっ!×編集
07マル……ナナ、マルマル! 朝飯はそだなぁ、ブリオッシュとカプチーノでいいな? 提督の分も一応用意したよ。……よし、いいぞ。召し上がれ。×編集
08マル……ハチ、マルマル! さあ、海に出るか。地中海でもどこでも、海はいいよね! あんたもそう思う? よしっ!×編集
09マル……キュー、マルマル! やはりいいなあ海! まずは艦隊演習からか。……はぁー、でかい船が多いなあ。×編集
10ヒト……マル、マルマル! あの戦艦は? ……ほぉー、あれが高速戦艦、コンゴウとヒエイか。……やりそうな面だ。
あのでかいのは? ……ほぉー、あれがヤマトか。あれが。……すごいな、あれが戦艦か!
×編集
11ヒト……ヒト、マルマ……おお、AbruzziにGaribaldi! 久しいなあ! 壮健で何より。
……ああワシか? ワシもこの通り元気ッ……いて、いててて! ……いや、まあ……元気! うん。
×編集
12ヒト……フタ、……ううん、めんどくさい! お昼よお昼! お昼はね、面白いものを作ってみた。
これよ! バジル味のおにぎり! ……どう、かな? 食べてみて。ワシはいけると思うんだけど。
×編集
13ヒト……サン、マルマル! どうだった? バジルおにぎり。……ダメ? いける? ……やっぱ、ダメ?
……そっかぁ。文化の出会い的なひらめき感じたんだけど、ダメかぁ。うーん……。
×編集
14ヒト……ヨン、マルマル! まあ、アブもガリも適当なこと言いながら一つしか食わんかったし。
……仕方ない、また別のを試作してみる! あんたがまた試食してよ? 頼むわ!
×編集
15ヒト……ゴー、マルマ……おお、コンゴーウ! あんた、速いんだってなあ。夜戦も強いって。ワシも負けんぞ? ……負けんっ。×編集
16ヒト……ロク、……? あの戦列は? ……あれがそうか、我がItaliaの最新鋭戦艦というやつか。
……ふむ。四番艦、彼女がRomaってやつか。いい面構えだ、さぞ戦歴を残したことだろう。
……って、何ぃ!? 冗談だろう!? ……まじ、か……時代は厳しいな。
×編集
17ヒト……ナナ、マルマル! うむ、Romaよ頑張れ! ワシも応援してるぞ!
……って、何ぃ? ロートルだとぉ!? あんたなぁ、ワシを誰だと思っとる!? ワシは弩級戦艦の……
え……超、弩級? ……そ、それが何だ! 戦は、性能だけではない!
×編集
18ヒト……ハチ、マルマル! しかし何だ! 我が海軍も少し見ない間に、小生意気なガキが増えたもんだ、嘆かわしい!
……なんだ提督よ。……Trattoriaに? 行こう!
×編集
19ヒト……キュー、マルマル! ……ここがTrattoria マミーヤか!どれ……おお。少し独特だが、いい匂いだわ!
……ん、うちんとこの駆逐艦も来てるのか。何がうまいんだ? ……わかった、ここはあんたに任せる。うまいのを頼むわ!
×編集
20フタ……マル、マルマル! ……おお、ガングートじゃん! 何だ、なんか妙に安心するぞ。飯もうまいし、飲もう!
……え? うちの重巡? ……知らんがな。……え!? Zara級かよ……。
×編集
21フタ……ヒト、マルマル! ……何だろなあ、身内と思われたくないからZara級のことはZaraに任せて、食お? 飲も?
提督、ガングート、弩級戦艦にカンパーイ! ……くはあ~っ!
×編集
22フタ……フタ、マルマル! あのクソ弩級戦艦めぇ、アホみたいにウォッカを注ぎおって! ワインを飲めワインを!
……いてて、少し飲みすぎた。提督、水、水!
×編集
23フタ……サン、マルマ……ああ、水か。大丈夫、もう素面。
今日も色々あったな。バカみたいだが……なんか……楽しいな。幸せ、ってやつかも。……いや……柄でもない。明日も……頼むわ!
×編集


季節ボイス一覧


イベントセリフ改装段階備考追加




 
 
 


 
 
追加
桃の節句編集
春の訪れ編集
ホワイトデー編集
編集
春本番編集
梅雨編集
初夏編集
編集
盛夏編集
夏祭り編集
いや、なんか楽しそう! ワシも行っていいか? 鎮守府秋祭り。編集
屋台の食べ物、美味しそうだ! ……試して、いいか?編集

(クリック時)
えっと……キモノ? あ、そうか。ユカタだ! なんかいいなあ!
……どう……かな?
編集
秋刀魚ワシのモットーゥは、誰にも負けないっ! もちろん、サンママッツーリも、誰にも負けないぞ! 征くぞ!編集
晩秋編集
ハロウィン編集
秋のワイン編集
編集
師走編集
クリスマス編集
年末編集
新年編集
節分編集
バレンタイン編集

九周年記念編集



イベント名編集


内容編集



ゲームにおいて

  • Lv48で改造可能となる。
  • ほとんどのステータスが大きく上昇するだけでなく、改装前と比べて以下のような違いがある。
    • 雷装が0になる。
      • 素の雷装値0のため魚雷を装備しても雷撃戦には参加しない
      • 一方、夜戦火力自体は上がっている。(75+12=87→91)
    • 対艦強化弾、対空強化弾、大型電探、大型ソナー、司令部施設が装備可能になる。
      • ItaliaRoma改と異なり水上爆撃機、水上戦闘機はまだ載らない。(nuovoで載るようになる)
    • 速力が「高速」になるほか、ゲームにおける艦種の取り扱いが「戦艦」から「巡洋戦艦(高速戦艦)」に変わる。
      • 主な相違点は出撃時のルート、修理時間を決める係数、連合艦隊第二艦隊での取り扱いなどである。詳しくは速力を参照。
    • 第1・2・4スロットの搭載数が減る。
      • 第1・2スロットが0に、第4スロットが1になる。搭載数0機では弾着観測射撃が発動しないので、水偵を装備させる位置に注意。

キャラクター設定について

  • 1933年から行われた大改装後の姿。
    • 船体が延長されたことにより艤装も少し大きくなり迷彩が施されている。
    • 艤装の3番砲塔が撤去され、主砲が320mm砲に、各所に120mm副砲が追加されている。
    • 魚雷発射管が撤去されたためか雷装が0になっている。
    • 艤装断面部分でプリエーゼ式水中防御隔壁を装備していることがわかる。
  • 本人も制服の袖が無くなり、その代わりというわけでもないだろうが手袋をつけている。表情も改造前より笑顔になった。

小ネタ

  • 1937年頃に就役すると見られていたフランスのダンケルク級戦艦に対抗すべく、1933年から1937年まで行われた大改装後のConte di Cavourがモチーフ。

    大改装の詳細

    • ※まず対抗艦となるダンケルク級は「33cm砲4連装砲2基、速力30ktの高速戦艦」である事を念頭に読んでください
    • 1、カブール級よりも大口径の主砲を持つダンケルクに対抗するには同等の砲弾を叩きこめる主砲が大事、という事でイタリア海軍は強引なやり方で30cm砲から32cm砲への改造を実施
      • その改造方法とは何と「砲身の内側を大きく削る」と言う方法であった、この事により砲身寿命が大幅に減ってしまう事になったがダンケルク級に対抗する攻撃手段は確保できたのだった。
      • この際にケースメート式だった副砲は砲塔の50口径120mm砲に、高角砲もより新型の47口径100mm高角砲に更新され、新たに機銃が増設された。
      • また改造の際に旧式然とした艦橋から最新の戦訓を取り入れた艦橋へと交換し、必然的に砲撃精度なども向上している。
    • 2、21ktという低速では快速のダンケルクに追従できず相手から一方的に撃たれる可能性が高い…という事で機関の大増設などを行う改造を実施
      • 船体中央にあった第3砲塔と弾薬庫を撤去しその部分に機関と煙突を増設、更に全ての機関も新型へと更新される徹底的な改造だった。
      • 元が4軸推進だったのを2軸推進に変更し、重油専缶8基と石炭・重油混焼缶12基だった機関構成はヤーロウ式ボイラー8基に変更された。
      • この機関部大改造により機関出力は31,000馬力から75,000馬力に大幅アップ*6
        改装が完了する前に行われた1936年12月の海上公試ではジュリオ・チェーザレが93,430馬力の出力と28.24ノットの速度を達成した。
        • なお実戦ではここまでの速度は出ておらず、就航時の最高速度はおよそ27ノットであった(この辺の差はイタリア艦の公試速力の計測方法が関係している。ZaraMaestraleの小ネタも参照)。
        • 航続距離も13ノットの速度で6,400海里と伸びた。
      • また艦首部分も約10mほど延長し、陵波性が向上した為最大船速を出しやすくなったと言われている。ついに船体までも延長し更に改造前の原型が…
    • 3、33cm砲相手では今のカブール級の防御では不安が残るが航行速度は維持したい…と言う事で新型の水中防御システムの搭載と装甲厚の増加を行う改造を実施
      • 水平装甲は甲板が85mmだったものが追加装甲をつけて135mmにまで増加、また艦首延長により艦首部分の装甲も10mm~20mm程度増加している。
      • 魚雷への対抗策として日本の大和型などに見られるようにバルジが採用されることが多いが、イタリアは機動性の確保という観点からバルジの採用を却下した
        • 代わりに採用されたのが「プリエーゼ式水雷防御」、船体内部に設置できバルジの様に速力を犠牲にする必要が無かった為、こちらが採用された。
        • タラント空襲でカブールが魚雷1発で大破着底した事例が「この防御方式の致命的欠陥の代表例」ともされるが、実はこれは適当ではない
          このケースはそもそも魚雷が艦底で爆発して大穴を開けた結果の大破着底であり、プリエーゼ式水雷防御の対応範囲ではなかったのだ。
          同型艦ジュリオ・チェザーレが空襲の際に至近弾を食らった時には正常に動作し被害の拡大も無かった事や、新型のヴィットリオ・ヴェネト級では雷撃及び爆撃の被害の軽減に成功している事から
          最新の研究ではプリエーゼ式水雷防御は有効に機能した防御システムであったとされている。
  • 以上の様にカブール級の船体ほぼ全てに何かしらの手が加えられ、船体の7割の部品が新規部品となる大改造であった。もはや新造と大差ないのでは…?
    • ほぼ原形を留めぬほどに大改造が施されたため、改造前改造後はもはや別の船と言っても差し支えないレベルである。
    • ちなみにここまでの魔改造が許されたのは、実はワシントン海軍軍縮条約の規定による。日米英は原則としてユトランド海戦で露呈した水平装甲の不足を解消することのみ認められたが(そのために各艦3千トンまで排水量の増加が許された)、仏伊は同じ3千トンの範囲で、極端な話何をしても良かったのである。
    • イタリア海軍としては「新造艦を作った方が絶対良い」と承知の上で改装を実行していた。カブール級の大改装に平行して15インチ砲搭載高速戦艦建造計画に着手しており、新造艦建造を考慮していなかった訳ではない。
      だが当時のイタリアの国力ではこのレベルの艦を新造するとなるとダンケルク就役が予想された1937年に間に合う可能性は低かったのである。
      イタリアの苦しい資源事情や経済事情の中でダンケルクと同等の戦艦を相手より早く就役させるとなると、短期間で済む「旧式戦艦への大改造」を行ってダンケルク級に対抗しつつ、その間に自国の新型戦艦を就役させるという判断は理にかなっていた。
  • しかしカブール級の大改装の最中、イタリアに次いでドイツでも35,000トン戦艦(後のビスマルク級)の建造が決定。独伊に対抗するため、フランスはダンケルク級に続き、その拡大発展型となるリシュリュー級の建造を開始した。
    この情報を得たイタリアは、これに対抗する為カブール級の改装で得た経験と、建造中の15インチ砲搭載高速戦艦の設計で得た技術を用いて、残る弩級戦艦カイオ・ドゥイリオ級の大改装を決断する。こうして欧州での軍拡競争(勿論海軍軍縮条約の規定範囲内での競争*7ではあるが…)は更にエスカレートしていく事となった。

この艦娘についてのコメント


提案意見掲示板からのお知らせ

  • ドロップ祈願や海域攻略祈願のために、wiki内神社というページが設置されました!ぜひご利用ください。
  • 建造成果の報告は建造レシピ内にあるコメント欄に、
    ドロップ報告に関しては出撃ドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

*1 母港ボイスは各艦娘につき3つ割り当てられています。「詳細」ボイスは編成画面の「詳細」ボタンをクリックすることで聞くことが出来るボイスです。母港画面でも聞くことが出来ます。「母港3」ボイスは「母港画面でのクリック」もしくは「母港画面への遷移」でのみ聞くことが出来る、いわゆる「提督お触りボイス」です。編成画面での「詳細」ボタンでは聞くことが出来ません
*2 4つの基本ボイス(昼戦開始・昼戦攻撃・夜戦開始・夜戦攻撃)がありますが、各ボイスはその他の色々な場面でも使われます。各ボイスをどのフェーズ(航空戦/開幕雷撃/先制対潜/昼戦攻撃/各種CI...など)に割り当てるかは艦娘によって異なり、例えば開戦ボイスを攻撃でも使ったり、夜戦攻撃ボイスを昼戦でも使ったりします)
*3 「小破」ボイスの2つ目と戦闘撤退時の「旗艦大破」ボイスは共用化されています
*4 「小破」ボイスの2つ目と戦闘撤退時の「旗艦大破」ボイスは共用化されています
*5 装備ボイスは3ボイスありますが、改修/改造ボイスと共用化されています。また、ボイス3は「改修/改造」「開発」「バケツによる即時修復」「遠征出撃」「アイテム発見」ボイスと共用化されています
*6 93,000馬力とする文献もあるが、公試時の出力が記載されていると考えられる。
*7 ワシントン、ロンドン海軍軍縮条約は1936年の日本の脱退表明、その後2年間の有効期間(脱退をしても2年間は効力が続く事になっている)を経て、1938年に英米が第二次ロンドン条約の「エスカレーター条項」を発動して完全に失効するまで機能している